セルフホワイトニングは効果がないって本当?効果のある人・ない人、注意点など解説

セルフホワイトニングとは?

クリニックのホワイトニングは

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • セルフホワイトニング

に大別できます。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングは「過酸化成分」が配合されている薬剤を使用しますが、セルフホワイトニングは過酸化成分未配合の薬剤を使います。

また、施術に関してもオフィスホワイトニングとホームホワイトニングは医師による施術ですが、セルフホワイトニングは自分で施術をします。

ホワイトニングに過酸化成分は欠かせない

クリニックのホワイトニングは漂白によって歯を白くすることができるわけですが、そのメカニズムは「過酸化成分」にあります。

過酸化水素や過酸化尿素が配合されている薬剤を歯に塗ると、酸化の過程で汚れを漂白することができます。市販されているホワイトニンググッズには過酸化成分が配合されていないため、効果については賛否両論なわけです。

例えば、ホワイトニング歯磨き粉の場合はポリリン酸や天然成分から歯を白くする製品が多く、それらの成分が歯の汚れに対してどの程度の効果があるのかは本当に個人差が大きいです。

セルフホワイトニングもこれと同じ類なので、効果がある人と効果がない人がいます。

過酸化成分からホワイトニングする方法は?

ホワイトニングの方法は市販グッズを含めると様々な方法がありますが、その中で万人にとって効果を実感できる唯一の方法が過酸化成分です。

過酸化成分からホワイトニングする方法は

  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング
  • 外国産のホワイトニンググッズ

となります。

ホワイトニングをうたっているクリニックでは、基本的にセルフホワイトニングを除けば過酸化成分配合の高濃度ジェルが使用されています。濃度や照射システムはクリニックによって様々であるものの、過酸化成分から汚れを漂白できるので効果を実感できないというケースはありません。

市販されているホワイトニンググッズに関しては、日本産の製品で過酸化成分が配合されているのは高濃度ジェルのみです。しかし、高濃度ジェルは「高度管理医療機器」なので、医師免許を持っている方でないとメーカーから直接購入することができません。

外国産のホワイトニンググッズは「シール」・「歯磨き粉」など、過酸化成分が配合されている製品があります。日本産の高濃度ジェルを含めて、過酸化成分配合の市販グッズを購入使用するのは自己責任となります。

日本の法律では、過酸化成分が配合されている高濃度ジェルは副作用が懸念されるため、「医師の診断から適切な使用」がルールとなっています。

セルフは自分で施術をする

過酸化成分の使用は「医師の診断の元で・・・」という薬事法に沿ったルールがあるので、セルフホワイトニングでは過酸化成分が使用されていないはずです。

ホームホワイトニングは過酸化成分の使用がOKですが、こちらは先に医師の診断を受けます。

セルフホワイトニングは医師による口内検査がなく、スタッフの方にセルフホワイトニングのやり方を教えてもらってそのままホワイトニングを始めます。この流れを想像すると分かりますが、医師の診断を通さずに過酸化成分を使用することはあり得ませんね。

「セルフホワイトニングは効果があるのか?」という疑問がちらほらと出ますが、その理由は過酸化成分を使わないという点にあります。

セルフホワイトニングを行っているクリニックはたくさんあるので、もし医師の診断を通す場合は過酸化成分を使っているケースもあるでしょう。その場合、セルフとはいえホームホワイトニングとメカニズムや理屈は全く同じなので、ホワイトニング効果を実感しやすいことが想像できます。

セルフホワイトニングは「VIVIDシステム」が有名

セルフホワイトニングを行っているクリニックでは、「VIVIDシステム」を採用しているところが多いです。

VIVIDシステムというのは、アメリカ産のホワイトニングジェルで「過酸化水素6%」を主成分としたジェルです。

米国「PLUS WHITE」CCA industries.incとIMS㈱との提携製品で過酸化水素6%を主成分としたジェル状のホワイトニング剤で、可視光線に反応する触媒物質により光照射によるフリーラジカルの活性を促進させる状態のものです。容器には衛生面を考えたガラスを使用しており蓋部分には歯面に塗布に容易な柔らかいブラシがついております。

引用元:http://www.whitening-nc.jp/lineup.html

VIVIDシステムは効果がある

上記の引用文の通り、VIVIDシステムは過酸化成分によるホワイトニングなので、簡単にいうと「オフィスホワイトニング」と同じです。

注意事項に関しても

・虫歯や歯茎の病気は先に治療すること
・知覚過敏があり得る
・16歳以下は使用不可

というような説明がなされているので、過酸化成分の良くある注意事項と同じです。

個人で公式から購入できるのか?

通常、過酸化成分を配合している高濃度ジェルは医師しか購入できません。「松風」や「CG」など有名なメーカーはどこも同じであり、通販サイトで購入する場合は「通販の流通は自己責任ですね・・・」と言われます。

VIVIDは個人でも購入できるのかを問い合わせたところ、

「個人の方でも公式サイトから購入できます」

という回答でした。

過酸化成分が配合されているので「薬事法的には問題ないのか?」という質問に対しては、「歯医者さんが販売しているので法的に問題ないようになっているのだと思います」という回答でした。

公式VIVIDで購入する場合は「個人輸入になるのか?」という質問に対しては、「日本の通販サイトなので個人輸入ではありません」という回答でした。

「今担当者が不在で・・・」という知識のない方が質問に応じた形だったので、上記の問い合わせはあまり参考にならないかもしれません。

VIVIDを購入使用する前に口内検査を受けること

基本的に過酸化成分が配合されているジェルは通販サイトでいろんな製品を購入できるので、VIVIDを直接購入できることは珍しくありません。

自分で過酸化成分を使用する場合、必ず歯医者さんで口内検査を受けておきましょう。虫歯が進行し始めている状態「C0~C1」は自分で気づかないことが多いです。また、歯茎の炎症や歯周病なども同様です。

過酸化成分は刺激が強いので、口内に何かしらの病気があると痛みを感じます。これを知覚過敏と言われますが、思った以上に激痛が走ることがあり得ます。

他ジェルに比べてVIVIDの効果はどうなの?

いわゆる高濃度ジェルというのは、過酸化尿素10%配合が多いです。過酸化水素か過酸化尿素のいづれかの成分が10%~30%ほど配合されているため、濃度から見るとVIVIDはやや効果が劣るでしょう。

また、一般的なホワイトニングシステムと比較した場合は濃度以外にも「照射システム」の違いもあります。VIVIDの「LED照射機器・33,000円」がどこまで効果を底上げしてくれるのかもポイントになってきます。

自分で公式から購入して使う場合、一般的なホームホワイトニングよりはVIVIDの方がスターターキットとして照射機器が付いてくるため、その点は効果が高いかもしれませんね。

クリニックで施術を受けることを考えると、値段的にも「オフィスホワイトニング」を利用する方が「濃度」+「照射システム」から効果を実感しやすいと思います。

セルフホワイトニングで有名なクリニックは?

WEBでセルフホワイトニングを検索すると多くのクリニックがヒットしますが、その中でも「Whitening BAR」が有名です。

Whitening BARは

・芸能人が多数来店
・効果を得られた人96.8%
・継続利用する人74%
・1回5,000円でホワイトニングできる

というように魅力が満載です。

Whitening BAR」は東京だけではなく全国に店舗を構えているので、最寄りの店舗を検索してみてくださいね。

Whitening BARは過酸化成分を使っているのか?

Whitening BARではどんな薬剤が使われており、効果はいかほどなのか気になりますね。

歯科クリニックのホワイトニングとWhiteningBAR のホワイトニングの違いはなんですか?

当店のサービスは、独自開発をした液材を使って歯を本来の明るさまで戻していく新しいホワイトニングです。
この行為はお客様ご自身に行っていただきます。
スタッフがお客様の口腔内に手を入れたり、口腔内を見て診断、治療などを行わないため医療行為にはなりません。
歯科医師が行うホワイトニング行為とは別ものとなります。
当店のホワイトニングと歯医者のホワイトニングを併用して通うお客様も増えております。

引用元:http://whiteningbar.jp/faq/

Whitening BARに問い合わせたところ、過酸化成分は使っていないとの回答でした。また、虫歯などの自覚症状がある場合、先にそれを治療することが推薦されています。

過酸化成分を使っていないことからも効果は一般的なホワイトニングに劣ります。もし、Whitening BARへ一度通っただけで歯が真っ白になるなら、従来のホワイトニングのメカニズムが覆されることになります。

効果については「過酸化成分=即効性」のメカニズムがあるので、何度も通うことで徐々に歯が白くなるという風に想定しておくのが無難でしょうか。

結局は「過酸化成分」が焦点

さて、セルフホワイトニングで効果のある人やない人の違い、それは利用するクリニックが過酸化成分を使っているかどうかがポイントです。

上記のとおり、「VIVIDシステム」のように過酸化成分が使われている場合は即効性があるので、その日に効果を実感できるケースが多いです。

一方、過酸化成分が使われていない場合は即刻性がないので、極端にいうとホワイトニング歯磨き粉を使うのと同じようなニュアンスです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする