歯のクリーニングとは?相場や対象の方、施術内容などまとめました

歯のクリーニングとは?

歯のクリーニングは、歯の表面に付着している汚れを取るための施術です。

殆どのクリニックで「クリーニング」という診療メニューがあるので、虫歯治療と同じように身近な診療でもあります。

クリーニングは

・保険診療
・自由診療

の2種があります。

それぞれのクリーニングは診療目的が異なるので、違いをしっかりと覚えておきたいところです。

保険診療のクリーニング

クリーニングといえば「保険診療」と言っても過言ではなく、殆どのクリニックでは「クリーニング=保険診療」です。

保険診療のクリーニングは、歯垢や歯石を除去することが目的です。

歯垢というのは口内に存在する菌の1種であり、時間の経過で歯石へと変化します。飲食をするかどうかに関わらず、歯垢は必ず歯に付着します。歯石に変化すると歯磨きでは除去することが難しいです。

歯石に変化すると厄介なので、歯垢の段階で歯磨きから除去するのが一般的です。朝食を食べない場合でも、就寝中に歯垢が発生しているので自宅を出る前に歯磨きをすることが大切です。

歯石というのはバリアを張った菌の住処なので、これを放置すると歯周病になりやすいです。歯周病になると知覚過敏が進行するなど、歯にとって好ましいことは何1つありません。

重度の歯周病は歯茎が垂れ下がることから歯が抜けやすくなるので、歯周病にならない為にも歯石が蓄積されているならクリーニングで除去してもらう方が良いです。

自由診療のクリーニング

保険診療は病気を予防する目的がありますが、自由診療は審美性の追求が目的です。

ホワイトニングクリニックにおいて自由診療のクリーニングを良く見かけますが、自由診療のクリーニングは歯の表面についた汚れを除去して「真っ白い綺麗な歯」を作ることが目的です。

自由診療のクリーニングは様々な施術があるものの、有名なのがPMTCです。

PMTCというのは「クリーニングシステム」or「医療機器」の名称であり、PMTCという機器を使って歯を研磨します。歯の表面を研磨して汚れを落とすことができるので、歯磨きを怠った場合などに効果的です。

歯石も除去してくれるのかどうかはクリニックによりますが、基本的に歯石を除去したいなら保険診療のクリーニングを利用しましょう。その方が効果が確実であり、しかも治療費が安いです。

2種のクリーニングの相場

クリーニングの相場は

・保険診療=2,000円前後
・自由診療=5,000円前後~30,000円

という感じです。

まず、保険診療は法的に治療費が決まっているので、どこで施術を受けるにしても治療費は殆ど変わりません。ざっくりと1,000円~3,000円ほど用意しておけば大丈夫です。

次に自由診療ですが、こちらは自由に治療費を設定することができるのでピンキリです。歯科矯正やセラミック治療などクリニックによって治療費が大きく異なる施術がありますが、これらと同じ類です。

保険診療が向いている人は?

保険診療の対象となる方は、歯石が蓄積されている方です。

歯石というのは外見で分かるので、口内をチェックしてみましょう。一般的には歯磨きでブラッシングをしづらい前歯の裏に歯石が蓄積されやすいので、ここをチェックしてみると良いです。

歯石が蓄積されていない方でも、すでに知覚過敏に悩んでいるなら定期的に保険診療のクリーニングを受けておく方が良いです。それと合わせて歯周病対策の歯磨き粉を併用すると、効果が高くなります。

保険診療で歯は白くならない?

保険診療のクリーニングは、歯石を除去することが目的です。

歯の表面の汚れを取って歯を白くすることを目的にしていないので、基本的に歯周病など口内の病気を予防できれば目的達成となります。

それなりに歯磨きをしていると、歯全体が歯石によって包まれることはそうそうありません。歯磨きを怠ったとしてもブラッシング回数が少ない箇所に歯石が蓄積されるので、保険診療のクリーニングは歯全体を研磨したりスケーリングするわけではありません。

自由診療が向いている人は?

自由診療の対象となる方は、歯の汚れが気になる方です。

タバコを吸う習慣がある方など、歯の色が気になる方は自由診療のクリーニングを受けてみると良いです。

実際のところ、歯を白くする方法として「ホワイトニング」VS「自由診療のクリーニング」はかなり迷います。相場的にもそれほど変わらないので、これは汚れの原因から判断していくしかありません。

クリーニングは歯の表面の汚れしか取れない

歯の汚れというのは、「内面の汚れ」と「外面の汚れ」があります。

歯の内面の汚れはホワイトニングから過酸化成分を使って漂白するのが効果的です。

歯の外面の汚れはクリーニングで研磨して落とすのが効果的です。

歯の内面の汚れをクリーニングで落とすことは難しく、自由診療のクリーニングというのは歯の表面を研磨したりコーティングする施術です。この理屈でいくと、歯の内面の汚れを自由診療のクリーニングで落とすためにはかなり歯を削る必要がありますね。

2種のクリーニングの施術内容

保険診療と自由診療では、それぞれのクリーニングの施術内容は異なります。

基本的に同じクリーニングでも上記のとおり、2つのクリーニングは診療目的が異なります。自分に希望が叶うクリーニングを選ぶようにしましょう。

保険診療の施術内容

保険診療のクリーニングでは、最初に口内チェックを行います。

虫歯の治療をお願いする時も、最初に口内チェックを行いどんな病気の可能性があるのかを見てもらいますね。

口内チェックが終わると、次はスケーラーという医療器具を使って歯石を除去します。

保険診療のクリーニングは歯垢や歯石を除去することが目的で、これによって歯周病を予防することができます。歯の表面が汚れているとしても、それは保険診療の目的ではないので歯の表面を研磨して綺麗にしてもらうことはできません。

自由診療の施術内容

自由診療のクリーニングは「PMTC」が代名詞ですが、PMTCに関しても一律で決まった施術内容はありません。クリニックによって審美性を追求する上でどんな施術を行うのかは様々です。

簡単にPMTCの施術を紹介すると、「口内検査」→「歯石除去」→「歯の表面のステイン除去」→「フッ素コーティング」→「乾燥させて終了」といった感じです。

保険診療が歯石除去だけなのに対して自由診療ではステイン除去が出来ることが最大の特徴です。また、クリニックによっては顔のマッサージなど美容エステのような施術も含まれることがあります。

PMTCでは保険診療と同じように歯石を除去してくれるのか?これについてはクリニックによります。歯石除去というのは専用器具さえあれば素人でもできるほど簡単です。そのため、自由診療のクリーニングは保険診療の施術が含まれているケースが多いです。

PMTC事例・デンタルクリニックホワイトエッセンス

保険診療は誰もが想像できる施術だと思いますが、自由診療のPMTCはいまいちイメージが湧きませんね?

1つの事例として「デンタルクリニック・ホワイトエッセンス」の自由診療クリーニングを紹介します。

5つのメニュー

ホワイトエッセンスでは

・ホワイトエッセンスクリーニング:50分で8,000円
・スペシャルクリーニング:80分で15,000円
・オーラススパ:50分で8,000円
・歯のクリーニング4回コース:1年有効で28,000円
・歯のクリーニング6回コース:1年有効で39,000円

と5つのメニューがあります。

最も人気なのがホワイトエッセンスクリーニングのようです。こちらのメニューの施術内容は、「ヤニ・茶渋とり」→「歯石とり」→「フロッシング」→「PMTCで研磨」→「舌クリーニング」となっています。

歯石も除去してもらえることを考えると、8,000円の料金は安く感じますね。

自由診療クリーニングの魅力とは?

ホワイトエッセンスで紹介されているクリーニングの魅力は

・歯が抜けない
・虫歯予防
・歯周病予防

が挙げられています。

これのポイントは根本的に「歯石除去」にあり、ホワイトエッセンスではさらにPMTCから歯の表面も綺麗にできるので一石二鳥です。

歯が抜けない理由は歯周病を予防できることにあり、虫歯予防は歯磨きの効果や役割の延長を想像すると分かりますね。歯周病予防は根源となる歯石を除去できるからです。

ちなみに歯石が蓄積されて歯周病になると

・口が臭くなる
・歯茎から出血しやすい
・歯茎が弱くなるので歯が抜けやすい
・糖尿病など体全体の病気に繋がる恐れがある

というリスクがあり、ホワイトエッセンスでも分かりやすい解説がなされています。

どちらにするのか迷うなら保険診療がオススメ

さて、クリーニングは「保険診療」と「自由診療」があり、自由診療のクリーニングでもクリニックによって歯石を除去してもらうことができます。

治療費を見ると圧倒的に保険診療の方が安いため、両者に共通する「歯石除去」を目的とするのであれば、まずは保険診療のクリーニングから始めてみてはいかがでしょうか?

歯磨きの大切さ

最後に歯磨きの大切さについても再認識しておきましょう。

虫歯や歯周病を予防するためにクリーニングは効果的ですが、それよりも大事なのが歯磨きの習慣です。

毎日しっかりと歯磨きをしておけば、そもそも歯石が蓄積されることもありません。歯石が蓄積されないということは健康な歯をキープできることに繋がるので、クリーニングを検討すると共に歯磨きがいかに大切な習慣であるのかをしっかりと再認識しておく必要があります。

また、歯磨きの重要性を意識すると「歯磨き粉」や「歯ブラシ」にこだわりが出てきます。「歯周病予防の歯磨き粉」や「電動歯ブラシ」など、自分に合った歯磨きアイテムを購入することで健康な歯をより一層目指しやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする