歯の黄ばみの原因は意外なものだった?黄ばみを除去する効果的な方法とオススメ施術紹介

歯の黄ばみの原因は主に2つある

歯の汚れとして代表的なのが「歯の黄ばみ」です。

歯の黄ばみというのは

・ステイン:歯の表面や内面に付着した汚れ
・加齢:歯の表面のエナメル質が薄くなり象牙質が濃く見える

の2つが主な原因です。

ストレートにタバコなどの飲食物によって歯が黄ばんでいる場合、ホワイトニングやクリーニングで対処できます。逆にエナメル質が薄くなったり加齢によって象牙質が濃くなる場合は、ラミネートべニアなどセラミック治療でなければ解決できないケースもあります。

黄ばみが付着する原因

基本的に歯が黄ばむ理由は

・タバコ
・カレー
・コーヒー

など、着色性の高い飲食物が原因であり、こうした飲食物を口にする方は日常的に摂取する習慣がある方が多いと思います。

年に一度コーヒーを飲む程度なら、その日の歯磨きで付着成分を除去できます。しかし、1日に2杯や3杯とコーヒーを飲む機会が増えるほど歯が着色成分に触れる時間が長くなるので、歯の内面まで着色成分が浸透しやすくなります。

真っ白のコップにコーヒーを入れた時、その放置時間によって洗い物のしやすさが変わりますね。時間が経過するほど着色しやすいのでゴシゴシと擦らなければ汚れが落ちません。逆になるほど水洗いだけでも簡単に色が落ちます。

歯の着色に関してもメカニズムはこれと同じであり、着色成分を口にする頻度によって着色力が変わってくると言えます。

エナメル質が薄くなる原因

歯の黄ばみの意外な原因となるのが

・エナメル質が薄くなる
・加齢によって象牙質が濃くなる

です。

歯の色は「象牙質」+「エナメル質」の重なりで決まります。象牙質は「茶色」でエナメル質は「白」が基調なので、表面のエナメル質が薄くなる、あるいは内面の象牙質が濃くなると歯が黄ばんで見えます。

象牙質というのは象牙のような形をしており、歯の骨格となる部分です。エナメル質というのは象牙質を覆っている歯の外面全体のことを言いますが、歯磨きの仕方によってはエナメル質が薄くなることがあります。

一般的に「歯磨き粉の注意点」などで研磨剤がテーマになることが良くありますが、なるべくエナメル質を傷付けない方が良いです。

ステインの黄ばみを除去する方法

毎日の飲食によってステインが付着して、その着色性から歯が黄ばんでいる場合は

・ホワイトニング
・クリーニング

が効果的です。

ホワイトニングは万能な対処方法

ホワイトニングは過酸化成分から内面の汚れまでを漂白することができます。

歯を綺麗にする身近な方法としては万能な方法なので、とにかく歯を白く戻したいという方はホワイトニングを検討しましょう。

ホワイトニングは様々な方法がありますが、必ず「過酸化成分」を使った方法を取りましょう。今のところ、安全且つ確実な方法は「クリニックのホワイトニング」のみです。

クリニックでホワイトニングの施術を受ける時も、使用される薬剤に「過酸化成分」が配合されているかどうかを確認しておけば完璧です。

「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」のどちらが良いのか?これについてはどちらでも良いです。いずれにしても過酸化成分の力によって即効性から歯を白くできます。

セルフホワイトニングを利用する場合、過酸化成分が使われていないところがあります。その場合、市販されている歯磨き粉などと同じように即効性には期待を持てないので注意をしておきましょう。

クリーニングは自由診療を選ぼう

歯科クリーニングというのは「保険診療」と「自由診療」の2つがありますが、ステイン除去を希望するなら自由診療のクリーニングを利用しましょう。

自由診療のクリーニングでは、研磨によって歯の表面に付着しているステインを除去することができます。歯の表面にステインが強固に付着しているなら、ホワイトニングで漂白しても歯を完璧に綺麗にすることは難しいでしょう。

ステインというのは「研磨」によって削り落とす必要があるので、PMTCからブラシやスケーラーなど専用器具を使って研磨するのが好ましいです。

クリーニングをしてからホワイトニングが理想

歯が黄ばんでいる状態といっても、これは個々によって様々な状態があり得ます。

確実に歯を白くするなら、最初にクリーニングでステインを除去しておきます。この時、自由診療であっても歯石除去も診療に含まれているケースが多いので、虫歯や歯周病の予防対策としても効果があります。

クリーニングをすればステインはしっかりと除去できるので、それでも歯が白くならなかった場合はホワイトニングの出番となります。

自由診療のクリーニングは下限帯で約10,000円前後、ホワイトニングも下限帯で約10,000円前後が相場です。安いクリニックを探せば2つの診療の総額を20,000円ほどに抑えることができます。

効果については思っている以上に効果が高いので、市販グッズをあれこれ試すよりも早く希望が叶います。

加齢の黄ばみを除去する方法

加齢によってエナメル質が薄くなったり象牙質が濃くなってしまい、それによって歯が黄ばんでいる場合は

・ホワイトニング
・ラミネートべニア

が効果的です。

加齢の黄ばみにホワイトニングは効果的なの?

加齢によって歯が黄ばむ理由は上記のとおり、エナメル質が薄くなるか象牙質が濃くなるのが主な原因です。

ホワイトニングはそもそも「歯質の修復」という効果がなく、「汚れを漂白する」という効果しかありません。

加齢によって歯が黄ばむ場合、歯が汚れているというよりは自然現象から歯質が変化していることが理由ですね。そのため、理屈から考えるとホワイトニングをしたところで歯が白くなることはありません。

しかし、実際のところは先にホワイトニングを試してみる方が良いです。自分の歯の黄ばみが「ステインによる着色」だった場合、ホワイトニングで解決できるからです。

ホワイトニングがダメだった場合はセラミック治療を検討する必要がありますが、セラミック治療はコストが高く付きます。ホワイトニングの下限帯が10,000円前後なのに対してセラミック治療は安くても60,000円ほど掛かります。

医者が歯の黄ばみの原因を判断する時も、「汚れ」なのか「歯質の変化」なのかは見た目だけでは判断できません。消去法から考えると、やはりリーズナブルなホワイトニングを先に試すのがベターでしょう。

ラミネートべニアは気軽なセラミック治療

セラミック治療では、人工的に歯を修復することができます。

エナメル質が薄くなったり象牙質が濃くなった場合、基本的に歯の表面を白い素材で修復すれば歯は白く見えますね。

セラミック治療は「オールセラミック」や「メタルセラミック」など様々な素材がありますが、色の基調はどれも「白」です。保険診療でプラスチック素材を使うことに比べると、セラミックの方が白合いが濃いです。

セラミック治療は施術内容が症状によって様々ですが、1つの施術としてラミネートべニアがあります。これは歯の外面だけをセラミック素材で修復するという施術なので、最も気軽なセラミック治療です。

ラミネートべニアは下限帯で50,000円前後です。セラミック治療は使用する素材、あるいは「インレー・詰め物」か「クラウン・冠」によって費用が変わるので本当にピンキリです。下限帯では約60,000円前後なので、1本の歯を丸々セラミック治療することに比べるとラミネートべニアの方が安いです。

歯の黄ばみを解決するための施術の選び方

歯の黄ばみを解決するならクリニックに頼るのが早いですが、その時の施術の選び方は「自由診療のクリーニング」→「ホワイトニング」→「ラミネートべニア」という序列が一般的です。

施術を選ぶ時の焦点となるのは「黄ばみの原因は何か?」なので、人によっては最も高額な治療費が必要なラミネートべニアを検討する必要があるでしょう。

しかし、高齢の方でも黄ばみの原因がステインならば、自由診療のクリーニングであっさりと歯を白くできるケースもあります。

市販グッズはダメなのか?

市販されているグッズで黄ばみを取ることができれば、それが最も安い方法となります。

まず、加齢が原因の場合は市販されているグッズでは絶対に歯を白くすることはできません。あくまでも、ステインが理由の場合において市販グッズは役立ちます。

市販グッズは

・電動歯ブラシ
・歯磨き粉
・消しゴム
・マニキュア

が代表的です。

これらのアイテムはどれも歯の表面に付着しているステインを除去する効果があるので、歯の内面まで着色が浸透していない場合は効果に期待を持てます。

また、基本的にしっかりと歯磨きをすることが黄ばみ対策の根底にあるため、歯が黄ばんでから使うというよりはその前に上記アイテムを使うのが理想です。

一般的に歯が黄ばんでから「ホワイトニング歯磨き粉」などを使う方が多いと思いますが、歯の内面まで着色が進んでいると過酸化成分が必要です。

過酸化成分は市販グッズに配合されておらず、日本においてはクリニックでホワイトニングするしか正規ルートがありません。通販サイトで過酸化成分配合グッズを購入することができますが、副作用については十分に注意をしておきましょう。

市販グッズで黄ばみが取れるなら歯磨きで十分?

何かの市販グッズを購入して歯の黄ばみが取れる場合、それは基本的に過酸化成分を除外して歯磨きで取れるケースが大半です。

今までの歯磨きと何が変わったのか?を考えると、大抵は「歯磨き粉」を変えたことが理由で歯が白くなったケースが多いと思われます。

市販されているホワイトニング歯磨き粉の効果については賛否両論ですが、各製品に配合されている成分によって「ステインを落としやすい」というメカニズムは共通しています。

別に歯を白くすることを急いでいないのであれば、歯磨き粉にこだわって長期計画から様子を見てみるのもありかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする