インプラントとは?初めてインプラントをする人に知ってもらいたい、相場・施術内容・デメリットなど徹底解説!

インプラントの基本知識

インプラントをする前に基本知識は身に着けておきたいところです。

少なからず施術の失敗があり、インプラントは技術が設備が高いクリニックを選ぶことがとても大事です。

インプラントとは?

歯というのは土台が必要です。

自然歯は白く見える表面の内側に象牙質があり、象牙質が歯の根っこまで伸びています。

虫歯によって歯が溶けた場合でも軽度なら土台が残りますが、重度になると歯が1本丸ごとなくなってしまいます。

「虫歯治療で神経を抜いたよ・・・」なんて話を聞いたことがあると思いますが、こうした症状においてインプラントが必要となってきます。

詰め物や被せ物の治療では、土台が残っている状態ならそのまま各治療が可能です。しかし、土台がなくなってしまうと土台を作る必要があり、それをインプラント治療と言います。

インプラント治療では、「インプラント=ネジ」を歯茎の内部に埋め込んで土台を作ります。その後、従来の治療のように銀やセラミックなど好ましい素材からクラウンを作ってもらいます。

インプラントの施術の流れ

インプラントの施術の流れは

  1. カウンセリング:検査や説明、治療計画など
  2. 手術:インプラントを埋め込む、先に骨の移植が必要なケースもある
  3. 仮歯の装着:インプラントを施術後、3ヶ月ほど期間を空ける
  4. アバットメント装着:インプラントが骨と結合したら、土台を設置する
  5. クラウン装着:土台にクラウンを装着する

という流れです。

初診の際にインプラントの施術の流れについて説明を受けることができるので、気になる点はしっかりと質問しておきましょう。

患者さん自身が担当医と相談して決めるべきことは、クラウンの素材選びです。一般的には「インプラント治療」+「セラミック治療」で治療を受けることが多いですが、担当医に相談をすればクラウンを保険診療から銀歯にすることも可能です。

前歯の場合だと審美性が求められるので、保険診療にするならレジンやブリッジとなります。

インプラントブランドを聞いておこう

インプラント治療をした後、治療箇所に問題があると再治療が必要です。

この再治療というのは症状によってどんな処置が必要なのかは様々です。

基本的にインプラント治療が一通り終わると、その後は治療をしてもらったクリニックへ定期的に通院する必要はありません。

人によっては再治療の際に別のクリニックへ行くことがありますが、その時に自分の歯に埋まっているインプラントのブランドが分かっている方が新しいクリニックでの処置が早くなります。

また、インプラントブランドを把握しておくべき理由として、そのクリニックの知識力を試すという意味もあります。やはり専門性が高いクリニックになると、「どんなインプラントブランドあるのか?」という点に対して知識が豊富です。

「インプラントブランド」

インプラントブランドについては「インプラントの相場は30万円!?なぜ高いのか、解説します【格安インプラントには気をつけて】」を読んでおこう。

骨移植については詳しい説明を求めよう

患者さんにとって最も不安に感じる点は「骨移植」だと思います。

インプラント治療は骨を削ってインプラントを埋め込むことになりますが、治療箇所の骨の厚みによっては骨を移植して厚みを増す必要があります。

骨が薄いところにインプラントを埋め込むと、インプラントが不安定となります。また、処置後のトラブルも起こりやすいと言えるので、これは本当に必要な治療です。

インプラント治療の骨移植では

  • 自家骨:親知らず付近の骨を摂取するケースが多い
  • 同種移植材:他人等の骨を使用するため、日本では使われない
  • 異種移植材:他人等の骨を使用するため、日本では使われない
  • 人工代用骨:人工的に作った骨を使用するため、骨を摂取する手術が不要

という4つの方法があります。

日本では、「自家骨」か「人工代用骨」のいずれかで治療が行われますが、どこのクリニックでインプラント治療を受けるにしても詳しい説明を求めるようにしてください。

インプラントが必要な症状は?

インプラントは歯の土台を人工的に作る必要がある時に必要となる治療です。

一般的には重度の虫歯や歯茎の膿によって歯を抜歯せざる終えないケースにおいて、インプラント治療が必要なことが多いです。

歯を抜歯するということは、土台がなくなってしまうわけですね。大人になって永久歯に生え変わると、その後は自然に歯が生えてくることがありません。

病気以外のケースとしては

・歯科矯正
・セラミック治療

などの施術を受ける時にインプラントの施術を合わせて行うことがあります。

歯科矯正については「インプラント矯正」と呼ばれ、従来のブラケット矯正よりも補正力が高いので完治が早いとされています。

セラミック治療については「土台がない」場合においては、やはり土台が必要となるのでインプラント治療が行われます。

インプラントの保険適用

インプラントは保険が適用されません。

例外としては、先天性で骨構造に異変がある場合などが該当しますが、虫歯によってインプラントが必要になった場合などは保険が適用されません。

歯科矯正と同じで本当に稀なケースにおいては保険が適用されるため、この辺りはカウンセリングやレントゲンを撮った際などに担当医から説明を受けられます。

インプラントの相場

インプラント治療の相場は1本あたり30万円~50万円とされています。

インプラント治療の内訳として具体的な説明があるクリニックを紹介しておきます。

THE IMPLANT」は、東京や横浜に開院している「岩本歯科グループ」です。

こちらのクリニックでは

・手術代:40,000円~
・麻酔科:希望する場合に限り、50,000円~
・麻酔薬:希望する場合に限り、10,000円~
・笑気麻酔:希望する場合に限り、10,000円~
・診断検査:20,000円~
・精密制御サージェリー:100,000円~
・フィクスチャー:1本あたり200,000円~
・アバットメント:1本あたり30,000円~
・仮歯:12,000円~
・クラウン:100,000円~250,000円

となっています。

上記の料金で麻酔を除外すると約500,000円なので、相場どおりといった感じです。

また、こちらのクリニックではインプラント治療の大まかな費用を「ネジ・20万」+「ネジの上部(アバットメント)・3万円」+「クラウン・10万円」と分かりやすい相場観が記述されています。

「インプラント」にあたる部分だけで300,000円ほどは見積っておき、「クラウン」はセラミック治療の相場である60,000円~150,000円ほどを見積もっておくのがベターです。

インプラントのメリットとデメリット

インプラント治療を受けるにあたり、メリットとデメリットも理解しておきましょう。

「自分にとってインプラント治療は必要なのか?」を明確にしておくことが大切です。

インプラントのメリット

インプラントのメリットは、歯をすべて失ったとしても人工的に歯を作ることができることです。

後に紹介しますが、「オールオンフォー」という4つのインプラントを埋め込むことで、インプラントブリッジからすべての歯を作り上げることも可能です。

今後の歯科技術においても、歯科矯正やセラミック治療など様々な診療においてインプラントを応用した技術も進歩する可能性を秘めています。

インプラントのデメリット

インプラントのデメリットは日本において「インプラント資格」がないことです。

インプラントに詳しくない歯医者さんでも治療が可能なので、これによって失敗例というのが少なからずあります。

インプラントは資格がないにも関わらず、専門的な知識や技術が求められます。ここが今の歯科業界の1つの課題でもあり、インプラントの普及に伴っていかに失敗例を減らすことができるのかが問われてきます。

現状は患者さん自身がインプラントの知識を身に着けて失敗を回避するしかありません。冒頭で紹介したようにインプラントはクリニックをしっかりと選ぶことが何よりも大事です。

「インプラントの失敗事例」

インプラントの失敗事例は「【事前に知っておきたい】インプラントの失敗事例と注意点」を読んでおこう。

かねこ歯科インプラントクリニック

名称 かねこ歯科インプラントクリニック
住所 山口県下関市吉見本町2-1-15
電話番号 083-264-0418
診療科目 一般診療・審美歯科

公式:かねこ歯科インプラントクリニック

「かねこ歯科インプラントクリニック」はインプラントの専門性が非常に高いクリニックです。

これからインプラントを検討するという方にとって、まずはインプラントを学びたいという方が多いと思います。

こちらのクリニックのホームページでは、「インプラントとは?」から施術の事例まで具体性のある情報が詰め込まれています。

患者さんにとっては「インプラントの教科書」のような使い方ができるので、クリニック選びをする前に一読しておくことをオススメします。

オール・オン・フォー

「かねこ歯科インプラントクリニック」の特徴として、オールオンフォーがあります。

上記で少し触れましたが、4本のインプラントで歯を回復できる高難易度なインプラント治療です。

入れ歯生活で困っている、あるいはそろそろ歯が抜けてしまう、そんな時に1日で歯を回復できる画期的な治療方法です。

インプラントの資料請求も可能

インプラント治療は知識を身に着けて専門性の高いクリニックを見つけることが大事ですが、それに向けて便利なのが資料請求です。

「かねこ歯科インプラントクリニック」では、オリジナルのリーフレットとインプラントに関する資料を貰えます。

また公式では「いい歯科インプラント治療医を選ぶ・2012年版」を参照できるので、こちらも合わせて目を通しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする