インプラント施術だけで安心しない!歯の白さを維持するポイント3選

インプラントで歯を白くできるの?

インプラントは基本的に「歯の土台が必要」な時に行われる施術です。

・虫歯治療で抜歯した
・セラミックで歯を白くするためにインプラントが必要だった

上記の2つが代表的ですが、他にも歯科矯正で補正力を高めるためにインプラントが用いられることもあります。

さて、歯を白くするという目的においてインプラント施術はセラミック治療との関係が深いです。

セラミックは自然歯に匹敵する白さがある

セラミック施術は

・銀やプラスチックなど保険診療の素材は嫌だ
・ホワイトニングでは歯を白くできなかった
・一部の歯を短期で矯正したい

という際に便利な診療です。

セラミック治療はハイブリッドセラミックやオールセラミックなど、「セラミック=陶器素材」を使って歯を補修する治療です。

虫歯治療の場合など、通常は治療費を安く抑えるために保険診療から詰め物や被せ物を行いますが、その時に使われる素材は「銀」や「プラスチック」です。

銀やプラスチックはどうしても外観的に違和感を感じやすいため、審美性を求めるなら自由診療のセラミックを選択するのがベストです。

歯を人工的に作る時にセラミックを選択すると自然歯と同レベルの白さを実現できます。

歯を白くしたい時にインプラントが必要なケース

歯を白くしたい時にインプラントが必要になるケースは

・虫歯治療で土台を作る必要がある時
・セラミック治療をする時に土台が必要な時

の2つが主なケースです。

虫歯治療に関してはC3やC4など、虫歯の進行具合によっては抜歯が必要となります。抜歯をすると土台がなくなってしまうので、必然的にインプラント施術が必要です。

インプラント治療をすると土台を作れるので、土台が出来上がったらセラミック治療をして真っ白な人口歯を手に入れることができます。

虫歯などの病気が原因ではない場合でも、セラミック治療を行う上で「抜歯」→「インプラント治療」→「セラミック」というケースもあります。

「歯の土台=インプラント」と覚えよう

上記で紹介したようにインプラント施術は「歯の土台を作る」という治療です。

そのため、虫歯治療はもちろん歯科矯正やセラミック治療など、様々な診療と混合治療されることが多いです。

「歯を白くしたい!」という時も、虫歯治療やセラミック治療で抜歯をする時は自然と関わりのある治療方法となるので、インプラントについて基本知識を身に着けて置きましょう。

セラミック歯にホワイトニングは効果ある?

インプラント治療で土台を作った後、白い歯を希望するなら「セラミック」が最適となります。

セラミックは陶器素材なので、自然歯に近い白さがあることだけが特徴ではなく、強度についても保証されています。

セラミック歯を手に入れたら自然歯と同じように白い歯をキープすることに努める必要があります。

ここで疑問となるのは「セラミック歯にホワイトニングは効果的なのか?」です。

過酸化成分のメカニズム

ホワイトニングといえば「過酸化成分」ですが、自然歯の場合は歯の外側を覆っているエナメル質に浸透できることから汚れを分解することができます。

セラミック歯は人口歯なのでエナメル質がありません。そのため、セラミック歯が汚れてしまった場合にホワイトニングをしても効果を得ることができません。

セラミック歯を綺麗にする方法

セラミック歯の汚れは基本的に外面なので

・クリーニング
・ステイン除去に効果的なホワイトニング
・歯磨き粉

などが主な方法となります。

クリーニングはPMTCで外面を研磨すればステインを除去できます。

ステイン除去に効果的なホワイトニングは、セルフホワイトニングなど過酸化成分を使わない方法なら効果に期待を持てます。メカニズムとしては市販されている歯磨き粉についても同様なので、ホワイトニング歯磨き粉なども一定の効果を得られます。

汚れを落とせない場合は再治療

何をやってもセラミック歯についた汚れを落とすことができなければ、新しいセラミック歯を付けるしかありません。

セラミックは様々な素材がありますが、相場はインレーを含めて30,000円前後~150,000円です。クラウンだけなら下限帯で60,000円と高額な治療費が必要なので、何よりも大切なのは「汚さないこと」です。

セラミック歯を汚さないためには?

生きていくために飲食は必要なので、セラミック歯を汚さないというのは不可能ですね。

基本的にセラミック歯は絶対に汚れてしまうので、その日の内に汚れを落とすことが大事です。

毎日しっかりと歯磨きをすることが非常に重要なポイントになるので、セラミック歯を手に入れたら今まで以上に歯磨きへの高い意識を持ちたいところです。

1日2回の歯磨きを徹底しよう

歯磨きは朝と夜の2回やりましょう。

食生活が不規則だと「遅い晩御飯」→「そのまま就寝」になりやすいので、規則正しい食生活を心掛けることも大切です。

歯磨きの時間は2分が理想とされているので、1回の歯磨きのそれほど時間を掛ける必要はありません。

どうしても歯磨きが面倒という方は「セラミック歯は高額だ!」という意識を持ってみましょう。

高いブランド品を購入したら大切に扱いますね?セラミック歯もそれと同じです。

歯の白さを維持するポイント3選

さて、高額な治療費をかけて手に入れたセラミック歯を大切に扱うために

・歯磨きの徹底
・定期的なクリーニング
・着色性の高い飲食を控える

という3つのポイントを抑えておきましょう。

基本的に上記の3つのポイントを徹底することで、ずっと白い歯をキープできるようになります。

①歯磨き粉や歯ブラシにこだわる

歯磨きの習慣を徹底する上で、歯磨き粉や歯ブラシにこだわると歯の白さをキープしやすくなります。

歯磨き粉については

・はははのは
・パールホワイトシャイン
・プレミアムブラントゥース
・ちゅらトゥース
・アパガードリナメル

あたりがオススメです。どれもホワイトニング歯磨き粉として定番であり、過酸化成分以外の力で汚れを分解できる歯磨き粉です。

歯ブラシに関してはブラッシングしやすいタイプなら何でも良いですが、これを機会に電動歯ブラシを検討してみるのもオススメです。

「ハイスペック電動歯ブラシ」

高性能な電動歯ブラシは「ホワイトニング効果のある歯ブラシオススメ7選【相乗効果で歯を美しく】 」を読んでみよう。

②2~3ヶ月に一度はPMTCを利用する

PMTCというのは自由診療のクリーニングです。

歯の表面を研磨して汚れを落とすことができるので、歯磨きを徹底しながらも定期的にPMTCを利用しておくと白い歯をキープしやすくなります。

PMTCは自由診療なのでクリニックによって相場がピンキリですが、安いところなら5,000円ほどで利用できます。

また、保険診療のクリーニングは2,000円ほどの治療費で歯周病予防に効果があります。

「歯科クリーニングとは?」

歯医者さんのクリーニングについては歯医者のクリーニングの目的・相場・種類を全解説【自費治療PMTCとは】」を読んでみよう。

③タバコをやめる良い機会?!

歯の汚れは着色性の高い飲食が原因になりやすいですが、白い歯をキープするといってもワインやコーヒーなど美味しい飲食物はやめられませんね。

着色性の高い飲食物を口にしても歯磨きをしっかりとやれば白い歯をキープすることは可能です。どうしても着色が心配なら、今までよりも摂取頻度を少なくしてみましょう。

健康という意味合いではタバコをやめる良い機会になるので、歯の黄ばみも合わせて検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみにタバコをやめると確実に白い歯をキープしやすくなります。ワインやコーヒーなどの飲食物に比べると、1日あたりの着色摂取頻度はタバコの方が多いですね。そのあたりも考慮してみてください。

「タバコのヤニ」

タバコのヤニ除去については「【タバコは吸いたい、歯のヤニは取りたい】ヤニがつくメカニズムと、おすすめクリーニンググッズ5選! 」を読んでみよう。

すべての始まりは「歯磨き」にある

さて、最後に歯磨きのメリットや重要性について考えてみたいと思います。

そもそも、インプラント治療が必要になる原因は歯磨きの怠りにあるケースが殆どです。

歯磨きを怠ると虫歯になりますし、歯石が蓄積されて歯周病にもなります。

しっかりと歯磨きをしておけばインプラント治療は必要ありませんし、セラミック歯を検討する必要もありません。

歯磨きは生活習慣にすることが大切

歯磨きを怠りやすい方は、歯磨きを生活習慣の一部にすることを意識してみましょう。

一度の歯磨きはたったの2分で良いので、1日2回の合計4分でOKです。

1日4分の時間を歯磨きに捧げることができるかどうかで、歯の健康は極端に変わります。

また、健康な歯を維持することができると歯を白くするための総コストも当然ながら格安で済みます。

歯に問題が出てくるほど費用も高く付くので、こうしたポイントを再認識することで歯磨きを生活の一部にしやすいのではないでしょうか。

虫歯のメカニズムを覚えよう

歯磨きを習慣付けるために虫歯のメカニズムを理解することも効果的です。

虫歯というのは口内に虫歯菌が生息しており、その菌が糖分をエサに繁殖することで進行する病気です。

虫歯菌は幼少期に母親から貰うと言われており、虫歯菌を保有していない人はいないと言っても過言ではないほど保有率の高い菌です。

歯磨きを怠ると、「虫歯菌が繁殖」→「虫歯が進行」→「重度になると抜歯」→「インプラントが必要」という流れになります。

また、虫歯以外にも口内には歯垢が自然に発生するため、歯磨きを怠るほど「歯垢」→「歯石」によって歯茎も病気にかかりやすくなります。

こうした口内病気の原因や進行を意識すると歯磨きの重要性が良く分かりますね。

「虫歯のメカニズム」

虫歯のメカニズムについては虫歯の原因と予防方法、なってしまった時の対策解説!【おすすめ歯磨き粉まで】」を読んでみよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする