出っ歯の矯正方法を種類別に解説!【出っ歯でもう悩まない】

出っ歯の矯正は2つの考え方がある

出っ歯というのは前歯が前に出ている歯列症状です。

見た目として悩む方が多いと思いますが、前歯が出ていることから食事の際に前歯で食べ物を噛み砕きづらいというデメリットもあります。

出っ歯は矯正で治療することができますが

・全体矯正:歯列全体の噛み合わせを考慮できる
・部分矯正:前歯だけを矯正できるが噛み合わせが均等にならないことがある

という2つの考え方があります。

実際に歯科矯正を行う時に「全体矯正」or「部分矯正」は噛み合わせも少なからず考慮する必要があるので、人によっては医師の診断から自然と全体矯正を余儀なくされることもあります。

全体矯正とは?

全体矯正というのはいわゆる「矯正」です。

歯列全体を正常な歯列に矯正する方法なので、治療後に噛み合わせにストレスを感じることもありません。

万人にとって好ましい矯正方法ですが、部分矯正に比べると費用が高く付きやすいです。

部分矯正とは?

部分矯正は一部分だけを矯正する方法です。

前歯の場合だと前歯だけを部分矯正することができます。

前歯の2本だけではなく横に並んでいる数本を同時に矯正しなければならないケースもあり、部分矯正といっても矯正本数は歯列によって本当に様々です。

出っ歯を矯正する4つの方法

歯科矯正というのは

・ブラケット矯正
・マウスピース矯正
・インプラント矯正
・セラミック矯正

の4種類があります。

出っ歯を矯正する時も上記4種から最適な方法で矯正することになり、部分矯正として出っ歯を矯正する際も同様となります。

ブラケット矯正の特徴と相場

ブラケット矯正は矯正器具を歯に装着して歯列を治す方法です。昔から行われている方法であり、最もスタンダードな矯正方法だと言えます。

特別な理由がない限り、出っ歯を矯正する時も自然とブラケット矯正に着地することが多いです。

最近はブラケット矯正も進化を遂げており

・舌側(裏側)矯正:歯の裏面に矯正器具を装着
・透明ワイヤー矯正:従来の金属器具ではなく透明のワイヤーを装着

というように矯正中のデメリットを解消することも可能となっています。

ブラケット矯正の相場は100万円~150万円ほどが平均とされており、出っ歯の部分矯正なら50万円前後が相場です。

矯正は自由診療となるので治療費が高く付きますが、部分矯正なら全体矯正のおよそ半額程度で治療することもできます。この辺りは、噛み合わせや予算を熟考してベストな選択を探したいところです。

マウスピース矯正の特徴と相場

マウスピース矯正はマウスピースを装着して矯正する方法です。

ブラケット矯正では、完治するまで矯正器具を装着し続けなければならない煩わしさがあります。しかし、マウスピース矯正はいつでも自由に矯正器具を取り外すことができるので、これがマウスピース矯正の特徴です。

マウスピース矯正は様々なシステムがあるものの

・インビザライン:世界470万人以上の実績があり、透明なマウスピースなので治療中も安心

がスタンダードとなっています。

マウスピース矯正を専門としているクリニックでは、大抵インビザラインシステムが導入されているので見かけることも多いです。

インビザラインの相場は70万円~90万円が相場であり、部分矯正なら30万円~50万円ほどが相場となります。

インプラント矯正の特徴と相場

インプラント矯正はブラケット矯正の補正力を高めるために、先にインプラントを奥歯等に埋め込む治療をします。

「インプラント=土台=支点」を作ることで、そこを軸に矯正器具を装着すると従来よりも早く完治しやすくなります。

そもそもインプラントは抜歯をして人工的に歯を作る時に必須な治療ですが、矯正ではインプラントを応用して治療期間を短縮するという技術に用いられています。

理屈としては普通にブラケット矯正をするよりも補正力が高いのでメリットがある矯正方法ですが、インプラント矯正を専門にしているクリニックはまだまだ少ないです。

インプラント矯正の相場はブラケット矯正と殆ど同じで100万円~150万円、部分矯正も50万円前後が目安です。

セラミック矯正の特徴と相場

セラミック矯正は矯正したい歯を削ったり抜歯をして、人工的に歯を作り上げながら矯正する方法です。

「セラミック矯正」という名称からすると難しい治療に感じますが、虫歯治療をイメージすると分かりやすいです。

虫歯治療は最後に銀歯やプラスチックで詰め物や被せ物を行います。その素材をセラミックに変更することを「セラミック治療」と呼び、銀やプラスチックは保険診療ですが、セラミックは自由診療となります。

見た目や歯の強度に関しては保険診療よりも優れており、さらに金属アレルギーがある方にとっても「セラミック=陶器」なので心配がないというメリットもあります。

セラミック矯正は1本あたり6万円~15万円ほどが相場であり、治療内容からみても部分矯正としては選択しやすい特徴があります。

矯正方法に悩むならブラケット矯正がオススメ

出っ歯を矯正するにあたり、「どの矯正方法にするのか?」が最大の悩みとなります。

基本的に4つの矯正方法のどれにするのか決めきることができないなら、スタンダードなブラケット矯正を選びましょう。

出っ歯にブラケット矯正が最適な理由

4種の矯正方法のメリットは

・ブラケット矯正:長い歴史が物語るように実績があるので確実
・マウスピース矯正:矯正器具を装着し続ける必要がないので気軽
・インプラント矯正:矯正を早く完治できる
・セラミック矯正:人工的に歯列を作るので完治が凄まじく早い

という点が挙げられます。

一方、4種の矯正方法のデメリットは

・ブラケット矯正:相場が高い上に治療期間が2~3年と長い
・マウスピース矯正:気軽に行える反面、治療期間が5年ほど掛かることもある
・インプラント矯正:効果は高いがインプラントを埋め込むことに抵抗を感じやすい
・セラミック矯正:自然歯を削ったり抜歯する必要がある

という点があります。

マウスピース矯正は適応症例というのがあるので、どんな歯列に対しても効果があるわけではありません。また、他の矯正方法と比較すると治療期間が長くなりやすいのがネックです。

インプラント矯正はインプラントを埋め込むことに不安を感じやすいです。完治までの期間に大きな差がないのであれば、やはり普通にブラケット矯正する方が良いですね。

セラミック矯正は自然歯を削ったり抜歯することになるので、そのデメリットは長い人生で見ると非常に大きいです。

デメリットを考慮して消去法していくと、やっぱりブラケット矯正が無難で確実な矯正方法となります。

後悔しないクリニックの選び方

さて、出っ歯を矯正するにはクリニックを選ぶ必要があります。

どの矯正方法を選ぶにしても、後悔しないようにベストを尽くしてクリニックを選ぶことが大切ですね。

・歯科矯正専門のクリニックを調べる
・4種の矯正方法に強いクリニックでカウンセリングを受ける
・各医師の見解を比較する
・矯正方法の選択肢を持てるなら費用も考慮する

これらのポイントを意識しながら徐々にクリニック選びを進めましょう。

歯科矯正専門クリニックの調べ方

歯科矯正は専門性の高いクリニックを選ぶに越したことはありません。

やはり、矯正の知識が高いクリニックで治療を受ける方が信頼できますね。

歯科矯正専門のクリニックは基本的にWEBからリサーチすればOKです。自宅の近くにあるクリニックをいくつかピックアップしておき、カウンセリング比較を行う準備をしておきましょう。

歯科矯正のカウンセリングを無料で行っているところは多いので、聞きたいことをリストアップしたメモを持参してカウンセリングを受けてみてください。

4種の矯正方法においてカウンセリングを受けるべき理由

自分の出っ歯に対してどんな矯正方法が最適なのかは、医師の見解を聞かなければ答えがでません。

人によっては4種すべての方法を選択できるケースがありますが、各矯正方法を得意とする先生から話を聞いておくのが理想です。

そうすると、それぞれの矯正方法においてメリットやデメリット、あるいは総費用など細かいところを理解できるようになります。

矯正をするにあたって自分が最善を尽くすべきポイントは「クリニック選び」であり、これによって成功と失敗が決まると言えます。どの矯正方法も高額な治療費が必要なので、4種の矯正方法においてカウンセリング比較をやっておく方が後悔することも少ないでしょう。

医師の矯正に対する考え方は様々

医師は同じ症状に対しても治療方針や考え方は様々です。その為、上記のとおりカウンセリング比較は必ずやっておきましょう。

今の時代はWEBから矯正歯科を簡単にリサーチできるので、1つのクリニックでカウンセリングを受けてそのまま治療をお願いするというケースも珍しくはありません。

別に結果として費用や治療内容に問題がなければそれでも良いわけですが、後悔しないという意味においてはクリニックを激選するに越したことはありません。

最終的には予算も考慮しなければならない

出っ歯を部分矯正するとしても、約50万円ほどは予算が必要となります。

最も無難なブラケット矯正で噛み合わせまで考慮するなら全体矯正が好ましく、その場合だと安く見積もっても100万円前後は必要です。

金額だけを重視するとセラミック矯正の方が安く済むこともありますが、本当に歯科矯正は「予算」と「施術」の関係性が非常に難しいです。

いろんなクリニックでカウンセリングを受けた結果、いくつかの選択肢があるなら治療費から決めるというのも大切です。

歯科矯正は保険が利かないので、治療費を用意するのが難しい場合はローンも検討してみてください。クリニックによっては分割払いに対応してくれるところもあるので、その辺りもカウンセリングの際に聞いておくと良いですね。

「歯科矯正の資金調達」

ローンについては「歯科矯正に保険は適用できる?治療費を抑える方法は? 」が参考になるので、是非読んでみて欲しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする