電動歯ブラウンオーラルbの種類とそれぞれの機能・メリット・口コミ比較【最新モデルまで】

ブラウンオーラルBとは?

「ブラウンオーラルB」というのは、P&Gがリリースしている電動歯ブラシです。

5,000円前後のリーズナブルな価格のブラウンオーラルBは、電動歯ブラシランキングでも見かけることが多いです。

ブラウンオーラルBは5種のシリーズがあり、各種において様々な商品がリリースされています。

P&Gはアメリカの会社

P&Gはアメリカに本社を置く大企業です。プロクター&ギャンブルというインパクトの強い社名でその略称がP&Gです。

日本では、プロクター&ギャンブルジャパンとして知られており、化粧品などの商品で良く見かける会社です。

P&Gは医療機器のメーカーとしてもかなり有名であり、P&Gのブランド力を知っている人からすると「ブラウンオーラルB」は大いに検討の余地があります。

ホワイトニングでは、クレスト3Dホワイトストリップスという過酸化成分を配合したシールが話題になることがあります。この商品はP&Gがリリースしているので、ホワイトニングに詳しい人の間でもP&Gは有名です。

P&Gは様々な事業を展開している世界的な会社なので、多方面において知名度が高いことが大きな特徴です。

5つのブラウンオーラルBシリーズ

ブラウンオーラルBは

  • ジーニアス
  • プレミアムモデル
  • プラチナシリーズ
  • PROシリーズ
  • エントリーモデル

の5種シリーズがあります。

公式を元に5種のセールスポイントをまとめていくので、参考にしながら好みのシリーズを探してみて下さいね。

ジーニアス

ジーニアスは、ブラウンオーラルBの最新モデルです。「ジーニアス9000」と「ジーニアス8000」の2タイプがリリースされています。

  • スマホ対応
  • 世界の歯科医師の使用率NO1
  • 丸形ブラシで歯垢除去力アップ
  • 2分間タイマー
  • 歯垢除去力最大99.8%

ジーニアスシリーズの最大の特徴は、スマホに対応していることです。最近は他ブランドにおいても、近代的な電動歯ブラシとしてスマホ対応の商品が次々とリリースされています。そんな現状の中、ジーニアスは他ブランドよりも半額ほど相場が安いです。

歯磨きの効果としては、円形ブラシによって実現できる歯垢除去力が魅力です。また、電動歯ブラシではお馴染みの2分間タイマーもしっかりと完備されており、値段を含めて文句なしといった商品です。

ジーニアス9000の相場は約17,000円~21,000円、ジーニアス8000は約13,000円です。セールスポイントはどちらのタイプも同じなので、特にこだわりがないのであれば相場の安いジーニアス8000がオススメです。

プレミアムモデル

プレミアムモデルは1種のみ、「プラチナ7000」という製品名です。

プレミアムモデルはジーニアスの下位互換となる電動歯ブラシです。

  • 世界の歯科医師の使用率NO1
  • 丸形ブラシで歯垢除去力アップ
  • 2分間タイマー
  • 歯垢除去力最大99.8%

セールスポイントはジーニアスとほぼ同じです。また、価格については店頭による価格差があるものの、ジーニアス8000と相場が似たようなものです。

注意点としては、ジーニアス8000がスマホ対応なのに対してプレミアムモデルはスマホに対応していません。もし、近代的な電動歯ブラシが欲しいのであれば、相場帯が近いジーニアス8000を購入しましょう。

プレミアムモデルの相場は約13,000円です。

プラチナシリーズ

プラチナシリーズは1種のみ、「プラチナ7000」という製品名です。

P&Gの公式では、プレミアムモデルとプラチナシリーズが区別されていますが、どちらのシリーズもリリースされている商品は「プラチナ7000」のみです。

要するにシリーズとしては区別されているものの、プレミアムモデルもプラチナシリーズも同じ商品で1種しか存在しません。今後、プラチナシリーズとして製品をリリースしていき、その中でもプレミアムモデルとして製品を区別するのかもしれませんね。

プラチナシリーズの相場はプレミアムモデルと同様に約13,000円です。

PROシリーズ

PROシリーズは「PRO500」・「PRO2000」・「PRO3000」・「PRO4000」の4種です。

このシリーズはプレミアムモデルやプレミアムシリーズの下位互換です。

  • 世界の歯科医師の使用率NO1
  • 丸形ブラシで歯垢除去力アップ
  • 2分間タイマー
  • 歯垢除去力最大99.8%

セールスポイントは上位互換と同じく上記の内容、ただし商品によってモードの選択やヘッドブラシが少ないです。

PRO500は1つのモードでヘッドブラシは2種です。相場は約3,000円~8,000円なので、超低価格で効果に期待を持てる電動歯ブラシを購入したい方は要チェックです。

PRO2000は2つのモードでヘッドブラシは2種です。PRO500の上位互換であり、相場は約5,000円~9,000円です。PRO500を高価格帯で購入するなら、PRO2000を低価格帯で買う方がお得です。

PRO3000は4つのモードでヘッドブラシは3種です。PRO2000の上位互換であり、相場は約8,000円~13,000円です。割と相場が広いので、予算次第でジーニアスやプレミアムモデルを検討できます。

PRO4000は5つのモードでヘッドブラシは4種です。PRO3000の上位互換であり、相場は約10,000円~15,000円です。この商品も、やはり上位互換のジーニアスやプレミアムモデルが検討できます。

エントリーモデル

エントリーモデルは「すみずみクリーン」・「すみずみクリーンEX」・「すみずみクリーンプラスEX」・「すみずみクリーン&つるつるホワイトEX」の4種です。

  • 世界の歯科医師の使用率NO1
  • 丸形ブラシで歯垢除去力アップ

このシリーズはブラウンオーラルBの中で最も低ランクのシリーズとなります。最大の売りは「世界の歯科医師の使用率NO1」と「低価格」であり、何よりもコストを抑えることを重視する方にオススメです。また、子供でも使用できるスペックなので、家族分のヘッドを購入して共有するという手もあります。

すみずみクリーンは1つのモードでヘッドブラシは1種です。相場は約2,000円~3,000円です。

すみずみクリーンEXは1つのモードでヘッドブラシは1種です。相場は約2,000円~3,000円です。

すみずみクリーンEXは1つのモードでヘッドブラシは2種です。通販市場の流通量が少ないので相場は不明、大体約3,000円前後~4,000円を目安にしてください。

すみずみクリーン&つるつるホワイトEXは1つのモードでヘッドブラシは2種です。相場は約3,000円~4,000円です。

ブラウンオーラルBの口コミや評価は?

ブラウンオーラルBは全シリーズを通して価格設定がリーズナブルです。それに加えてP&Gという会社のブランド力があるので、ソニッケアーやドルツという王道な電動歯ブラシと悩むことが多いと思います。

基本的に円形ブラシによる歯垢除去の高さが特徴なので、他のブランドと比較する時に注目しておきたい1つのポイントです。また、価格設定が低いことからもジーニアスやプレミアムモデルを検討しやすいでしょう。

ランキングでは、リーズナブルな価格帯であるPROシリーズがスペック共に評価が高いです。逆にエントリーモデルのすみずみシリーズは値段が安いものの、スペックが乏しいことからもPROシリーズを購入する人が多い傾向が見られます。

一番のオススメは?

ブラウンオーラルBシリーズで一番のオススメは「ジーニアスシリーズ」です。

これからの電動歯ブラシは、スマホ連動型が主流になることが推測されます。技術が進歩するに連れて、今以上にスマホ連動型の電動歯ブラシを安い価格で購入できる時代がやってきそうです。

その先駆けとして、各社は最新モデルにスマホ対応を導入している状況にありますが、とにかく価格が高いです。ざっくりと約30,000円~40,000円ほどが相場なので、その相場から見るとジーニアスシリーズは安いです。

上記でも紹介しましたが、ジーニアス9000は約20,000円前後、ジーニアス8000は20,000円以下で購入できます。ブラウンオーラルBはP&Gの技術力の高さから、世界の歯科医師の使用率や推薦率がNO1という強みがあり、ジーニアスはその中でも最高ランクの電動歯ブラシです。こういった特徴を加味しても、20,000円以下で購入できるのは十分にコスパが良いです。

低予算でオススメは?

ブラウンオーラルBを低予算で購入するなら、エントリーモデルの「すみずみシリーズ」がオススメです。

すみずみシリーズの上位互換として、「PROシリーズ」や「プレミアムモデル・プラチナシリーズ」が控えていますが、手動の歯磨きよりも歯石除去力を高めたいという目的だけならすみずみシリーズで十分です。

上位互換は2分タイマーや様々なモード、ヘッド種を変換することで充実した歯磨きを実現できます。しかし、1種のモードで1種のヘッドタイプでも、ブラウンオーラルBは円形ブラシによって歯垢除去率が高いことに自信を持っています。

すみずみシリーズは2分タイマーがありませんが、これは自分で時間を計れば良いですし、工夫次第ではブラウンオーラルBの中で最高のコストパフォーマンスに化ける商品です。

上位互換が約10,000円前後~15,000円という状況の中、すみずみシリーズは約3,000円です。

中間スペックはどうなのか?

ブラウンオーラルBの中間スペックは「PROシリーズ」と「プレミアムモデル・プラチナシリーズ」が該当しますが、これらの商品は逆に選び方が難しいです。

エントリーモデルのすみずみシリーズと比較すると機能は多彩、ジーニアスシリーズと比較すると価格が似たような感じです。

すみずみシリーズを使って不満がある場合の選択肢として検討、ジーニアスシリーズを検討する場合のその下位互換でブラウンオーラルBを試す、といった感じで選ぶのがセオリーでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする