歯の着色をどうにかしたい。着色の原因と、効果的な対策全紹介

歯の着色の原因

歯の本来の色は白ですが、歯の白さというのは人によって個人差があります。

歯の内部には象牙質があり、象牙質の外側にエナメル質があります。こうした歯質が重なりあって歯が白く見えるので、人によっては薄い白だったり濃い白だったりします。

さて、毎日の生活で着色性の高い飲み物を飲んだり、タバコを吸ったりすると歯が変色しやすいです。また、歯磨きを怠ることでもステイン(汚れ)が蓄積されることから歯の色が変わってきます。

歯の着色の原因は

  • 着色性の高い食べ物による変色
  • タバコのヤニによる変色
  • 年齢による変色
  • 虫歯や神経の死など、歯の病気による変色
  • 詰め物や被せ物の色溶けによる変色

というように様々な理由があります。

これらの着色原因の中でも、日々の生活で対策を心掛けたいのが「飲食やタバコによる着色」です。

基本的にワインやコーヒーなど飲食による着色とタバコによる着色はメカニズムが同じなので、対策方法も同じです。

着色を防ぐ効果的な対策

着色を防ぐ効果的な対策は

  • 変色した歯を白く戻す
  • 変色しないように対策を行う

の2つがあります。

ホワイトニングで歯を白くしても、今までの生活を続けることでいずれは再び歯が変色してしまいます。

「色の戻りをいかにして防ぐのか?」も多少は意識しながら、対策を検討していくことが大切です。

完璧に着色を防ぐには上記の2つの対策を行う必要があります。

変色した歯を白く戻す方法

すでに変色してしまった歯を白く戻す方法は

  • クリニックでホワイトニング
  • 市販グッズでホワイトニング

があります。

年齢による歯の変色では、「ホワイトニングマニキュア」の方が効果的なケースがあります。

虫歯など歯の病気による変色は、元の色が白ではなくなっていることから「セラミック治療」の方が効果的なケースがあります。

詰め物や被せ物を銀歯等で行っている場合は、「セラミック治療」から自然歯に近い色の素材で詰め物や被せ物を行う方が効果的なケースがあります。

また、歯の表面に付着しているステインを研磨することで色を戻せる状態なら、「クリーニング」でも対応できるケースがあります。

変色させない為の対策

歯を変色させない為には、歯の付着物をしっかりと取り除くことが大切です。

その為にやるべきことは

  • 1度の歯磨きの時間を長くする
  • 電動歯ブラシを使う
  • ホワイトニング歯磨き粉を使う

の3つを心掛けましょう。

デュアルホワイトニングが完璧な対策

ホワイトニングは様々な方法がありますが、完璧なホワイトニングは「デュアルホワイトニング」です。

市販グッズだけでは絶対に歯が白くなる検証結果が乏しい為、基本的にクリニックでホワイトニングしなければ歯が白くなる可能性が低いという認識を持っておくのがベターです。

クリニックのホワイトニングは「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」がありますが、これを併用することがポイントです。

デュアルホワイトニングが完璧な理由

オフィスホワイトニングは、クリニックによって施術回数が異なります。また、1度の施術でどのくらいの効果があるのかもクリニックによって様々です。

基本的にホームホワイトニングに比べると、オフィスホワイトニングの方が効果は高いです。その理由はクリニックには照射システムがあるからです。しかし、オフィスホワイトニングは1度の効果が高くても、施術回数が少ないことから歯の白さを継続させることが難しいです。

ホームホワイトニングは自宅で継続的に高濃度ジェルからホワイトニングができるので、1度の効果はオフィスホワイトニングに劣るものの、継続性という意味では歯の白さを持続させやすくなります。

それぞれの良さを活かしたホワイトニングが「デュアルホワイトニング」なので、ホワイトニングにおいて歯を白くするための完璧な対策はこれ以外にありません。

クリーニングの併用でさらに完璧

デュアルホワイトニングをしながらも、クリーニングをしておけば「健康な歯」+「ホワイトニング」という意味でまさに完璧です。

数ヶ月に一度は保険診療のクリーニングを行いましょう。これによって虫歯や歯周病対策を強化できます。

数週間~数ヶ月の一度は自由診療のPMTCを行いましょう。これによってステイン除去の効果を歯磨きのプラスαとすることができるので、歯に付着した汚れを除去して白い歯を持続させやすくなります。

安全性においても完璧

ホームとオフィス、どちらのホワイトニングもクリニックで口内チェックを受けることができます。

「今の歯の状態で高濃度ジェルは大丈夫なのか?」・「高濃度ジョエルの副作用は問題ないのか?」

こうした不安を解消しながらも完璧に歯を白くできることは、他の方法にはないクリニック独特のメリットだと言えます。

サポートとして市販グッズはオススメ

デュアルホワイトニングをしながらクリーニングも定期的に行う、その状態で毎日の生活に市販されているホワイトニンググッズを導入しましょう。

ホワイトニンググッズは色々とありますが

  • 歯磨き粉
  • ウォッシュ
  • ペンやマニキュアなど

の3種がオススメです。

基本的に通販サイトで高濃度ジェルや過酸化系配合のシールを購入する必要はありません。また、上記3種においても副作用が懸念される外国産の過酸化系配合グッズは必要ありません。

どのアイテムも国内産でポリリン酸など副作用に問題がない一般的な製品を購入するだけで、ホワイトニング効果は十分です。

副作用が懸念されるホワイトニンググッズは、すでにデュアルホワイトニングを行っていることからも購入する理由がありません。また、クリニックの利用をやめて自分で高濃度ジェル等にチャレンジする、これもまた安全性をベースに考えるとそれを行うメリットが特にありません。

一般的に自分の判断で過酸化系グッズを利用するメリットは、クリニックのホワイトニングよりも料金が安く済むことが挙げられます。しかし、副作用によって歯医者さんで治療を行うことになった場合は治療費が掛かり、どのくらいのダメージを受けるのかという点まで考慮すると、本当にそれが最善の方法とは言い切れません。

白い歯を目指す完璧な歯磨きの方法

毎日の歯磨きでしっかりと付着物を除去することも、着色の対策としては効果が高いです。

また、歯磨きは「健康な歯」を目指すことがメインテーマであり、サブテーマとして「ホワイトニング」を目指せる為、歯磨きに力を入れることは良いことばかりです。

電動歯ブラシは効率的

「電動歯ブラシは効果あるの?」と疑問を感じる人が多いと思いますが、電動歯ブラシは手磨きよりブラッシングが早いので確実に効果があります。

歯磨きというのは、歯に付着した汚れを「歯と歯の間」や「歯と歯茎の隙間」など、細かいところまでいかにブラッシングできるのかがポイントです。

また、1つの歯において何度も小刻みなブラッシングをする方がステイン除去の効果は高くなります。

結果として、毎日効果的なブラッシングを行うことは着色の対策となり、それを効率的に行うなら電動歯ブラシは便利なアイテムとなります。

ホワイトニング歯磨き粉で相乗効果

ホワイトニング歯磨き粉は、基本的に過酸化系が配合されていない限りは絶対的な効果は見込めません。

しかし、市販されている様々なホワイトニング歯磨き粉でも、それを使い続けることで相乗効果を狙えるというメリットがあります。

歯の着色を完璧に対策するために今回はデュアルホワイトニングをしていることを前提にしていますが、このケースにおいては「ホワイトニング効果がある」をセールスポイントにしている歯磨き粉ならどんな商品でも構いません。

基本的にデュアルホワイトニングによって歯が白くなっているので、目に見えないレベルの着色を事前に予防するという意味ではホワイトニング歯磨き粉を使っておく方が着色の対策を強化できることは間違いありません。

総額でいくら掛かるのか?

飲食やタバコによる着色を完璧に対策するためには

  • オフィスホワイトニング:低価格帯で1回10,000円ほど
  • ホームホワイトニング:マウスピース15,000円前後+ジェルが1本1,500円~3,000円が相場
  • クリーニング:保険診療は3,000円ほど、PMTCは低価格帯で5,000円ほど
  • 電動歯ブラシ:高スペックの低価格帯は10,000円~17,000円ほど、低スペックなら2,000円前後
  • 歯磨き粉:1,000円~5,000円が相場
  • ペンやマニキュア:低価格なら2,000円~3,000円ほど

オフィスホワイトニングで「約10,000円」、ホームホワイトニングで3,000円のジェル3本として「約24,000円」、クリーニングが数ヶ月で「約8,000円」、電動歯ブラシを高スペックで「約17,000円」、歯磨き粉は平均をとって「約3,000円」、ペンやマニキュアは購入しない方針でいくと、総額で「約62,000円」となります。

ちなみにセラミック治療を検討する場合は低価格帯で「約80,000円」なので、1本の歯を人工的に作り上げて白さを目指すよりは安いです。

また、電動歯ブラシを低スペックに抑えるなら「約2,000円」で済ませることができ、ホームホワイトニングジェルはクリニックによって継続購入は1本の単価が約1,500円ほどに割引されるところもあります。

クリーニングの費用は数ヶ月単位で考えれば良いため、歯が気になった時に利用するという考え方でOKです。

低価格で抑える場合、オフィスホワイトニングで「約10,000円」、ホームホワイトニングでマウスピースを持っておりジェルが1,500円×3本で「約4,500円」、クリーニングは利用しない、電動歯ブラシは「約2,000円」、歯磨き粉は「約1,000円」、ペンやマインキュアは購入しない、これを合計で「約17,500円」です。もう少し高く見積もるなら、マウスピースの約15,000円をプラスして「約32,500円」です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする