歯の黒ずみが起きる主な原因って!?黒ずみ予防と治療方法を徹底解説!

歯の黒ずみが起きる2つの原因

歯の変色というのは、原因によって様々な色になります。

一般的に着色の主な理由は「飲食」や「タバコ」ですが、これらの理由では「白」→「茶色」に変色します。もちろん、変色の度合いによっては「茶色」→「黒ずみ」になることもあり得ますが、飲食やタバコの変色はホワイトニングで対処できます。

歯が黒ずむ理由は飲食やタバコ以外に

  • 神経が死んでいる
  • 銀歯の詰め物や被せ物の色が付着

が主な原因であり、この2つの理由においてはホワイトニングで対処できないケースがあり得ます。

銀歯による黒ずみはホワイトニングで取れるのか?

高濃度の過酸化系が含まれているジェルを使用した場合、漂白効果が高いので銀歯の黒ずみは取れると思われます。

まず、銀歯をホワイトニングして白くすることは不可能であり、これが可能なら銀歯治療はホワイトニングをしてから行えば良いですね。次に銀歯の色が健全な歯に付着して黒ずんだ場合、これは歯の表面に汚れが付着しているだけなので、ホワイトニング漂白は効果があると考えられます。また、クリーニングで研磨をして表面のステインを除去しておき、その上からホワイトニングをするとさらに効果が高くなります。

しかし、一般的に銀歯というのは前歯ではなく奥歯で詰め物や被せ物をするケースが多いため、実際のところは銀歯の色が歯に付着して黒ずんでもホワイトニングを行う人は殆どいないでしょう。

奥歯に銀歯で詰め物や被せ物をしている場合、「歯が黒くなっている=銀歯」に見えるため、詰め物や被せ物をしている歯の生きた部分が黒く変色していることに気が付くケースは稀です。また、口を空けた時に銀歯が気になるならホワイトニングではなくセラミック治療でなければ歯を白くできません。

前歯に銀歯で詰め物や被せ物をしている場合、これも上記と一緒で銀歯の色が白い部分に着色して黒ずんでいることが気になるよりも、根本的に銀歯が気になります。そのため、ホワイトニングという選択は浮上せず、セラミック治療が確実にファーストチョイスとなります。

死神経の歯はホワイトニングで白くなるのか?

神経が死んだ歯は黒ずみに変色していきますが、これはホワイトニングで歯を白くすることはできません。

歯が白く見えるのは「エナメル質の色」+「象牙質の色」など、歯を構成しているいろんな歯質の重なり合いから白く見えます。神経が死ぬと元の色が白ではなくなるので、ホワイトニングで漂白しても意味がありません。

基本的に神経が死んでいる場合は色を気にするよりも、治療に専念することが優先されます。神経が死んでいる理由にも寄りますが、重度の虫歯の場合だとそのまま放置すると骨まで菌に浸食されます。

治療を行うことを前提として「どうしても今日だけ歯を白くしたい!」という場合、市販されている歯のマニキュアを使えば数時間は歯を白く見せることができます。しかし、歯の神経が死んでいるということは何かしらの病を持っているので、そこに薬剤を塗ることが安全なのかどうかを考えると辞めておく方が良いでしょう。

銀歯の悩みはセラミックで解決

さて、銀歯の色を何とかしたいという方はセラミック治療を検討しましょう。

セラミック治療は「メタルボンドセラミック」や「オールセラミック」など、様々な素材から詰め物や被せ物ができます。

セラミック治療を簡単に説明すると、本来は「銀」という素材を使って治療するところを「セラミック」など他の素材を使って同様の治療を行うというものです。

どうしてわざわざ銀以外の素材を使うのか?これは銀の色が気になるからであり、他の素材を使うと自然歯のように白い歯を作ることができます。

セラミック治療の選び方

銀歯は保険診療なので3,000円~5,000円と安い価格で作成してもらうことができます。セラミック歯は自由診療なので、最低でも80,000円前後は見積っておく必要があります。

セラミック治療の選び方は、セラミック治療を行っているクリニックを選ぶという作業になります。また、セラミックには多数の素材種がありますが、クリニックによって扱っている種類と価格が異なることは基本として抑えておく必要があります。

実際にクリニック選びをする時はかなり迷うと思いますが、シンプルに「予算から決める」という選び方で良いです。もっと細かくいうと、自分が通院できるエリアの範囲において、セラミック治療の価格比較をして予算から決めるのがベストです。

人によっては「セラミック治療の技術力を見るべき」・「セラミックの素材を熟考するべき」など、様々な意見があると思います。しかし、素人にとってはセラミック治療の技術力は判断が難しく、最適なセラミックの種類も万人向けの絶対的な答えは存在しません。

予算以外にあえて比較ポイントを挙げるとするならば、「セラミックの保証期間」や「保証の適用条件」などを比較しておくのがオススメです。

セラミック治療の料金は本当にピンキリなので、「自分が治療を検討している歯は保険が適用されるケースに該当するのか?」を確認しながらも、自由診療に該当する場合は徹底的に料金比較をしておくのがセオリーです。

セラミック治療はやるべき?

今回のテーマは「歯の黒ずみ」ですが、どの部分の銀歯が気になるのかによってセラミック治療の必要性は変わってきます。

歯の箇所から言うと、他人に見える前歯はセラミック治療をやっておく方が自分にとってプラスになることは多いです。他人に見えにくい奥歯に関しては個人差がかなり大きいでしょう。

歯の箇所以外としては、年齢や職業によってもセラミック治療の必要性は大きく変わります。

死神経の悩みは治療で解決

歯の神経が死んでいる場合は、とにかく治療をしましょう。

基本的に歯の神経が死んでいるなら、根管治療で神経を抜くことになります。一般的に神経を抜く治療は虫歯治療で行われることが多いですが、神経を抜くと銀歯で詰め物や被せ物をすることになります。

また、神経を抜くことから自然歯が丸ごと1本なくなってしまった場合、インプラント治療で歯を作ることになります。どんなケースにおいても、治療の過程で保険診療である「銀歯」に辿り着くことが多いので、色の変色に対する対処方法はセラミック治療となります。

「インプラント」+「セラミックor銀歯」

神経の治療をした時、「自然歯がどのくらい残るのか?」によってインプラントの必要性が変わってきます。

インプラント治療は「歯茎の内部・自然歯では象牙質の部分」と「歯茎の上部・自然歯では白く見えるエナメル質の部分」の2つの治療があります。

歯茎の内部で自然歯の土台が残っているなら、上部を銀歯かセラミックで作れば良いだけです。歯茎の内部で自然歯が殆ど残らなかった場合、インプラントで土台を作る必要があります。

インプラントで土台を作る必要がある時、上部は銀歯かセラミックを選べます。この場合、銀歯は保険診療なので安く歯を作ることができますが、見た目を重視するならセラミックの方が良いです。

年齢による変色は自然現象である

銀歯や死神経以外にも、歯が黒くなる原因として年齢による変色があります。

年齢が高齢になるに連れて歯の内部の象牙質が濃くなるため、外見は徐々に茶色に変色していきます。

この変色は自然現象なので、歯の白さに大きなこだわりがない限りは特別な対処方法は必要ないでしょう。

年齢による変色は対処方法の考え方が難しい

年齢によって歯の色が変色した場合、それは自然現象なので歯に異常があるわけではありません。

まず、歯を白くする方法は「ホワイトニング」や「クリーニング」など、飲食やタバコに対する対処方法と同じです。これをやってどのくらい歯が白くなるのかは未知数です。

高齢になると象牙質が濃くなっているので、歯の表面を漂白したところで色彩はさほど変わらないと考えられます。もし、今の着色の原因が象牙質ではなくエナメル質に付着した汚れが原因だったなら、これはホワイトニングは効果的です。

もし、ホワイトニングを徹底的にやっても白くならなかった場合、これはセラミック治療で人工的に白い歯を作るしかありません。ただし、歯に異常があるわけでもないのにセラミック治療を行うのがベストかどうかは本当にケースバイケースでしょう。

割と気軽な方法としては、ラミネートべニアという歯のネイル治療があります。これは歯の表面を削ってセラミック治療で補修する、それによって歯の表面が白くなるというものです。ジャンル分けとしてはセラミック治療の1種と言えますが、健康な歯を抜歯してインプラント治療からセラミック治療で完結という流れに比べると、いろんな意味において気軽です。

ホワイトニングから始めるのがオススメ

年齢による変色のポイントは完璧に歯の表面を綺麗にした状態において、「自然な歯の色がどのような色なのか?」を確認することが大事です。

歯の自然な色を確認した時に、その色が茶色っぽいならホワイトニングでは対応できないことになります。逆に自然な歯の色が白っぽいなら、ホワイトニングを継続することで白い歯を維持することができることになります。

つまり、どちらにしても自然な色を確認する必要があるため、最初にやるべきことはホワイトニングです。

黒ずみを予防するのは徹底した歯磨き

歯が黒く変色するのを防止するためには、毎日しっかりと歯磨きをすることが大切です。

銀歯の色落ちが自然歯に付着する、これは歯磨きで歯の表面の汚れを取ることが重要です。

死神経による歯の変色、これは歯磨きで健康的な歯を目指して歯の病を持たないことが重要です。

また、飲食やタバコによる変色も予防策は同じであり、毎日しっかりと歯磨きをすることで付着した汚れを除去できます。また、この生活を維持した状態で定期的にクリーニングをしておけば、ホワイトニングをする必要もなく低コストで白い歯を維持できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする