歯が汚くなる原因5選と、綺麗な歯に変身させる方法【症状別に解説】

「汚い歯」と「見た目の悪い歯」

汚い歯というのは、真っ白の健康的な歯とは対照的に変色した歯です。

見た目の悪い歯というのは、銀歯や歯並びによって審美に乏しい歯です。

今回は「汚い歯」になる原因を5つ、それに対する対処方法を紹介していきます。

歯石と歯垢が原因

歯石や歯垢というのは虫歯や歯周病の原因であり、自然と歯に付着する物質です。

時間の経過と共に歯の表面や歯と歯茎の間に蓄積されていくため、歯石や歯垢を除去することはとても大切です。

歯磨きとクリーニングで解決

基本的に歯石や歯垢は見た目の問題以前に、虫歯や歯周病などを予防するためにしっかりと除去しておく必要があります。

歯石や歯垢は毎日の歯磨きで落とすことが前提であり、その上で保険診療のクリーニングを受けることでしっかりと除去できるようになります。

毎日しっかりと歯磨きをしておけば歯石や歯垢の蓄積を防ぐことができますが、歯ブラシや歯磨き粉に多少はこだわることも大事です。

ホワイトニングは最後の仕上げ

最終的に歯を白くするならホワイトニングは効果的です。

しかし、ホワイトニングをしても歯石や歯垢は除去できないので、まずは歯磨きやクリーニングで歯石や歯垢を除去しておきましょう。その上で、ホワイトニングで仕上げをすることで真っ白い歯を手に入れることができます。

飲食が原因

飲食による着色は歯石や歯垢とは異なる原因です。

部屋の汚れに例えると、歯石や歯垢はホコリのようなものです。部屋のホコリって何もしなくても勝手にたまりますね。

飲食による着色は何かの影響によって色が着くことです。部屋でタバコを吸うと壁紙が茶色く変色しますね。

  • コーヒー
  • ワイン
  • ジュース
  • カレー
  • タバコ

飲食後は食べかすが歯に付着するので、歯磨きをしなければ色が変色します。さらに上記のように着色性の高い飲食では、歯の色が変色しやすいです。

歯磨きとホワイトニングで解決

飲食の汚れは毎日の歯磨きが肝心です。

上記のとおり、歯磨きというのは歯石や歯垢を除去して歯の病気を予防することが目的です。その上で、歯磨きを徹底すれば飲食の着色も抑えることができるという風に捉えておきましょう。

そして、飲食の着色も最終的にはホワイトニングが効果的です。

毎日歯磨きをしても着色性の高い飲食を継続すると、どうしても歯の色が変色してしまうことがあります。その為、定期的にホワイトニングをしておくことで白い歯を持続させやすくなります。

また、歯磨きをする時にホワイトニング効果を見込める歯磨き粉を使用するのもオススメです。

たまにクリーニングもやっておこう

飲食による着色に対して、クリーニングは直接的に歯を白くすることには繋がりません。

しかし、歯の内面まで着色が進行していない状態ならば、歯磨きでは落とすことができない汚れをクリーニングで研磨することで自然色に近づけることは可能です。

人によってはホワイトニングをしなくても、歯磨きを徹底しながらたまにクリーニングをするだけでも白い歯を持続させることができます。

銀歯が原因

虫歯の治療などで銀歯の詰め物、あるいは被せ物をした場合、時間の経過と共に銀色が自然歯に付着することがあります。

ホワイトニングで解決

銀色が自然歯に付着した場合、これはホワイトニングで解決できます。

ホワイトニングは歯に付着した着色性の高い成分を漂白することができるので、クリニックで施術を受ければ白い歯に戻すことができます。さらなる効果を求める場合、デュアルホワイトニングを利用するのがオススメです。

銀歯を辞めたいならセラミック治療

そもそも「銀歯が汚れて見えるのが嫌だ・・・」という方は、セラミック治療を検討しましょう。

銀歯というのは、虫歯などによって自然歯の割合が少なくなってしまった時に銀で歯を補修する治療です。この治療は、銀以外にも金やセラミックなど様々な素材を使えます。

一般的に歯の治療で銀が使われる理由は、保険治療だからです。銀以外の素材は基本的に保険が適用されないので、値段が高く付きます。

しかし、高いコストに見合った効果として、セラミック治療を受けると自然歯と同様の見た目を手に入れることができます。

神経の死が原因

神経が死んでいる歯は、時間の経過と共にグレーに変色します。

神経が死んでいる状況は、虫歯の放置や歯の治療で神経を抜いた状態など様々な状況があります。

未治療は治療で解決

歯の神経は理由なく死ぬことはありません。

歯の病気によって歯の神経が死んでいるなら、これは治療をしなければなりません。

一般的には歯の神経が死ぬまで病気を放置することは珍しいです。痛みが走ることから、激痛に耐えられなくなった時点で歯医者さんへ行きます。

また、事故などで歯に強い衝撃を受けた場合も歯の神経が死ぬというよりは、歯自体を失っているケースが多いです。

神経を抜いた歯はセラミック治療で解決

神経を抜いた歯というのは、根本的に自然歯の大半を失っている状態です。そのままでは歯が機能しないので、詰め物や被せ物をします。

この時、見た目を考慮するならセラミック治療を検討しておきましょう。

自然歯が残っている状態で神経だけが死んでいる状態では、歯の内部にホワイトニング剤を注入して漂白するという方法もあるようです。ただし、これが適切な治療なのかどうかは不明です。実際はそれを検討する以前に、歯医者さんで歯の治療やホワイトニングについてカウンセリングを受けているので、その時にしっかりと説明を聞いておきましょう。

他には、歯の表面をネイル治療するという方法もありますが、種別としてはセラミック治療に該当します。

年齢が原因

年齢による歯の変色は、死神経の原因と似ています。

歯が白く見えるのは歯質の重なり合いであり、年齢が高くなると内部の色素が濃く見えます。

ホワイトニングで解決

年齢によって歯が汚れて見えるなら、これは歯磨きやクリーニングから歯の表面をしっかりと綺麗にしておき、その上でホワイトニングを行うのが効果的です。

ホワイトニングがダメならセラミック治療

ホワイトニングでも歯を白くすることができなかった場合、これはセラミック治療を検討しましょう。

歯の白さというのは、健康な状態でも人によって白色の度合いが違います。年齢が高くなると、内部色素が濃くなるのでホワイトニングでは歯を白くできないケースもあります。

その場合、最終手段がセラミック治療となり、セラミック治療で人口的に白い歯を作ることになります。他の方法としては、歯を白くできるマニキュアを塗るという方法もありますが、持続性を考えたらセラミック治療の方が良いでしょう。

セラミック治療は「抜歯からインプラントでセラミック治療」や「歯冠の大半を削ってセラミック治療」以外にも、「表面だけで削ってセラミック治療」もあります。本当に様々な技法があるので、この辺りはクリニックでしっかりと相談をして決めたいところです。

見た目の悪い歯の解決方法

見た目の悪い歯というのは

  • 歯列が悪い
  • 銀歯が多い
  • 虫歯でボロボロ
  • 歯周病で歯茎が変色
  • 歯が無い

などがあります。

この中でも、歯列や事故による歯の損失以外は歯磨きで予防することができるので、やっぱり毎日の歯磨きはとても大切です。

歯列は矯正で解決

歯並びを良くするためには矯正以外に方法がありません。

歯科矯正は一般的な矯正方法(ブラケット矯正)以外にも、マウスピース矯正やインプラント矯正などいくつかの種類があります。

また、矯正方法によって治療期間や値段に差があるので、まずは自分の歯列において最適な矯正方法を見つけることが大事です。

最近は短期間で矯正を完治できるセラミック矯正が注目されています。

銀歯はセラミック治療で解決

銀以外の素材で詰め物や被せ物、あるいはインプラント治療を行うなら、これはセラミック治療以外にありません。

詰め物系の素材は多種が存在しますが、その中でも強度と見た目が優秀なのはセラミック種やレジン種です。殆どのクリニックは大抵どちらかの素材をベースにしているので、料金を比較しながら検討してみてください。

虫歯はセラミック治療で解決

虫歯は根管治療でしっかりと完治することが必要です。

その上で、銀による詰め物や被せ物に抵抗があるなら、これもやはりセラミック治療が解決策となります。

歯周病は治療で解決

歯周病というのは根本的に予防することが大事です。軽度の歯周病になっている場合も、とにかく歯磨きやクリーニングから歯垢や歯石を歯と歯茎の間に蓄積させないことに努める必要があります。

重度の歯周病になった場合、これは歯医者さんで専門的な治療を行う必要があります。最悪の場合は抜歯をすることもあるので、そうなった場合はインプラント治療から歯を作ることになります。

歯の損傷はインプラント治療で解決

事故などによって歯を丸々1本失った場合、これはインプラント治療で解決できます。

インプラント治療は歯茎の内部に人工的な土台を作り上げ、さらに白く見える冠部分も人工的に作ることができます。

インプラント治療は様々な歯の治療と連動しているケースが多く、身近なところだと虫歯による歯の紛失は典型的です。

まとめ

見た目の良い歯を維持するためには、根本的に健康な歯を目指すことが大事です。

健康且つ見た目の良い歯は歯磨きに力を入れることで大半はカバーすることができるので、毎日しっかりと歯磨きをすることを意識しましょう。

歯磨きをしても歯の汚れが気になる場合、ここでホワイトニングが活躍します。

ホワイトニングで解決できない場合、その殆どのケースはセラミック治療やインプラント治療に辿り着きます。

金額から考えると、低コストで見た目の良い歯を維持できるのは「歯磨き」→「クリーニング」→「ホワイトニング」→「セラミック治療」→「インプラント治療」という序列になります。

これを元にすると、歯ブラシや歯磨き粉に予算を掛けることは長期間で見るとコスパがかなり良いことが分かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする