セラミッククラウンのメリット・デメリットと施術種類別相場解説!

セラミッククラウンとは?

セラミッククラウンというのは、セラミックで作ったクラウンです。

セラミックは詰め物や被せ物で使う素材の1種、クラウンは歯の冠(白い部分)のことです。

セラミック治療では、クラウン以外にもインレー(詰め物)もあります。その他、歯の表面だけにセラミック治療を行うラミネートべニア(付け爪)もあります。

歯の神経を抜いている場合など、歯の強度を保つためにコア(土台)を作ることがあります。また、希望する見た目を実現させる為に抜歯を行うこともありますし、セラミック矯正を含めると治療内容はかなり幅広いです。

セラミッククラウンのメリット

セラミッククラウンのメリットは、保険診療である「銀歯」と比較するのが分かりやすいです。

銀歯は安い価格でクラウンを作成してもらうことができますが、とにかく見た目が目立ってしまうのが難点です。

セラミッククラウンなら自然歯のように美しい歯を作ることができるので、これが最大のメリットです。

細かな治療が可能

セラミック治療はクラウンを作るだけではなく、インレーやラミネートべニアなど細かい治療ができることもメリットです。

歯の症状に対する治療内容は従来からある詰め物や被せ物の治療と同じですが、強度を保って見た目を重視できることが魅力です。

年齢によって歯質の色素が濃い場合、ホワイトニングでは白くならないことがあります。そんな時、ラミネートべニアで治療を受けると表面を白く見せることができるようになります。

見た目の良い歯を作りたい時に、どんな状況においても必ず抜歯しなければならないことはなく、上記の例のように様々な対処方法があることを覚えておきましょう。

セラミッククラウンのデメリット

セラミッククラウンのデメリットは、基本的に保険が適用されないので費用が高く付くことです。

例外として保険適用のケースがあるものの、相場として1本あたり約80,000円~150,000円ほどの費用が掛かります。

また、セラミッククラウンが破損した場合に修復してもらう必要がありますが、保証が適用されない場合は追加料金が高く付くこともデメリットです。

費用面を除外すると、やはり銀歯と同じような強度があることからも見た目の良いセラミッククラウンは魅力的な治療です。

とにかく料金が高い

セラミッククラウンはすべての人にとってメリットのある治療ですが、現実的には相場が高過ぎることからも「憧れの治療」で終わることが多いでしょう。

保険適用のケースがあるとは言え、その実例は殆どありません。いくつかのクリニックに問い合わせると分かりますが、「基本的に保険治療となります」という回答ばかりが目立ちます。保険適用については法改正に期待をするしかありません。

セラミッククラウンは1本あたりの料金が安いクリニックでも、約80,000円ほどです。しかも、自由診療なのでクリニックによって料金設定に大きな差があることもデメリットです。

インターネットで下限相場を把握したとしても、近所にその相場に当てはまるクリニックがあるとは限りません。相場の安いところと高いところでは、20,000円や50,000円など高額な差があることも珍しくはないので、とにかく資金調達の難題をクリアすることが優先されます。

お金があるならメリットばかり

セラミッククラウンはお金の問題を解決できれば、メリットが非常に多いです。

一般的に歯によって相手の印象が変わると言われることがありますが、セラミッククラウンのメリットはまさにそれです。

笑顔を見せた時に銀歯が目立つとイメージ低下に繋がりますが、自然歯のように白い歯なら良い印象を与えるケースが多いでしょう。

セラミッククラウンの相場

セラミッククラウンの料金は1本あたりの価格が表示されていますが、クリニックによってはプランやコースが用意されているところもあります。

基本的に保険は適用されず、相場は1本あたり約60,000円前後~80,000円ほどが下限です。相場上限はプランやコースによっては200,000円~300,000円など超高額な費用が必要となり、1本あたり約150,000円ほどを目安にしておくと良いです。

施術種における相場は不明

セラミッククラウンはインレーやクラウンなど様々な治療があるわけですが、どんな治療が必要なのかは患者さんによって様々です。

「コアが必要かどうか?」・「抜歯をしなければならないのか?」など、担当医によって治療方針が異なり、施術によって総額でいくら必要なのかはカウンセリングで聞くしかありません。

基本的に1本あたりの相場以上に費用が掛かることを想定しておき、さらに施術における相場よりも「保証の適用期間や保証の適用条件」を考慮しておく方が長期的なコスパは良いでしょう。

1つの参考として「湘南美容外科」では、セラミッククラウンの料金以外にも、仮歯やコアや根管治療など様々な料金が記載されているのでチェックしてみてください。

また、セラミッククラウンの料金をインターネットでリサーチするにあたり、湘南美容外科のように細かくすべての料金を記載しているところは少ないです。これは患者さんによって最適な治療が変わる為、一律で料金を表示するのが難しいのだと思われます。

確実に相場を把握する方法は、自分における最適な治療において相場をリサーチすることです。その為には、カウンセリングをいくつかのクリニックで受ける必要があり、この古典的な方法から相場を掴むようにしてください。

また、1本あたりのセラミッククラウンは自由診療で相場はピンキリ、こうした状況を踏まえると自分のエリアにおいてカウンセリングから相場をリサーチする方が確実です。

セラミックの種類は気にしなくて良い

セラミックは

  • ハイブリッドセラミック
  • メタルボンドセラミック
  • オールセラミック
  • ジルコニアセラミック

など、セラミックだけでもいろんな素材があります。

セラミッククラウンを作るにあたり、「どの素材が最適なのか?」を自分で判断するケースは殆どありません。カウンセリング後、そのクリニックで取り扱っているセラミックにおいて、担当医が「このセラミックなら強度も良いので最適でしょう」と何かしらの提案があります。

患者として覚えておきたいのは「メタルボンド」だけは内面が金属なので、金属アレルギーのある方は避ける方が良いという点くらいです。これも、カウンセリングを受けた時に「金属アレルギーはありますか?」と聞かれるので、知識がなくても問題ありません。

さて、「各セラミックは何が違うのか?」、これは「セラミック」+「○○」という構成から強度が変わることが最大の特徴です。ただし、その強度についてはセラミック治療を行う歯の箇所によっても、求められる強度が変わってくるので担当医のアドバイスが必要不可欠です。

また、どのセラミック種も各クリニックでは強度が高いことが強調されているので、それを前提にすると最強のセラミック種は存在しないと言えます。

各セラミック種の相場は大差がなく、種別を関係なしに1本あたり約60,000円~80,000円ほどが下限相場という認識を持っておきましょう。

絶対に質問しておきたい2つの事

セラミッククラウンに向けてカウンセリングを受ける時、「保証期間」と「保証の適用条件」は必ず聞いておきましょう。

定期的にクリニックへ通院することが保証適用の条件になっているクリニックが多く、保証期間は3年や5年と様々です。

セラミッククラウンの保証に対する考え方は、パソコンや冷蔵庫など一般的な商品を購入する場合と同じです。保証が適用されるなら安く修復してもらうことができますが、保証が適用されなければ高く付きます。

セラミッククラウンは治療をしたら終わりではなく、メンテナンスを含めて「その後」についても考慮しておかなければなりません。

最もお得なセラミッククラウンは、1本あたりの価格が安くて保証期間が長く、さらに保証の適用条件が緩いケースです。いろんなクリニックでカウンセリング比較を行う際に、「保証期間」と「保証の適用条件」についてもしっかりと質問しておくことを覚えておいてくださいね。

治療費を調達する方法

セラミッククラウンのメリットとデメリットと勘案すると、最大の悩みは「資金調達」です。

  • 節約貯金
  • 収入貯金
  • 金融機関のローン
  • クレジットカード

高額な治療費を用意する方法は上記あたりが一般的です。

医療費控除を覚えておきたい

セラミッククラウンは料金が高いので、医療費控除を忘れないようにしましょう。

年間に10万円を超える治療費が発生した場合、確定申告から医療費控除を受けることができます。

また、治療のためにローンを組んだ場合も、金利による手数料以外(治療費のみ)医療控除を受けることができます。

詳しくは「国税庁」を見ておくのがオススメです。

ローンの選び方

ローンというのは、「住宅ローン」・「キャッシング」など様々なローンがあります。ローンには使途(お金を借りる為の目的)が設定されているので、使途を見ながら最適なローンを選ぶのがセオリーです。

さて、歯の治療に関しては「医療ローン」or「フリーローン」あたりが候補となりますが、どんなローンを選ぶにしても「上限金利」を見ておくだけでOKです。

医療ローンを提供している銀行は少ないですが、上限が5%~10%が相場です。

フリーローンは銀行で15%、消費者金融で18%が相場です。

クレジットカードもリボ利率が15%~18%なので、フリーローンと大差はありません。

翌月に完済できるなら、クレジットカードの一括払い(無利息)が最もお得です。また、カードを持っておらず1ヶ月で完済できるなら、消費者金融で無利息キャッシングを活用すれば手数料0円です。

長期返済を計画するなら、現状としては医療ローンを活用するのが最も手数料が安いです。例外として、カードローンやキャッシングでも高額限度額を保持している場合は、自分の採用利率が5%など低金利になっているケースがあります。

こうしたローンやクレジットカードを活用しても、国税庁に記述があるように医療控除の対象となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする