安い・失敗しないホワイトニングの選び方・注意すべき点と、おすすめ歯科クリニック5選!【東京編】

失敗しないクリニックの選び方

クリニックのホワイトニングは5,000円前後~30,000円ほどが相場です。プランやコースが用意されているところだと、100,000円を超える価格になるところもあります。

クリニックのホワイトニングは「どのくらいの価格が妥当なのか?」が気になるところですが、基本的に価格よりも使用されているジェルを聞く方が早いです。

ホワイトニングシステムを見ておこう

クリニックのホワイトニングは、「ジェル濃度」+「照射システム」によってホワイトニング効果が変わります。

ジェル濃度に関しては過酸化系がどのくらい配合されてるのかを聞いておくことで、ホワイトニング効果を推測できます。これはホームホワイトニングで高濃度ジェルを使用する場合と同じ理論なので、単純に濃度の高いジェルが使用されているクリニックほどホワイトニング効果が高いと判断できます。

照射システムはクリニックによって様々であり、使用されているジェルとの相性までは考慮することができません。

1つの手がかりとしては、ジェルの販売元に問い合わせるとホワイトニング効果が高くなる最適な温度が公表されているケースがあるので、それをベースにして照射システムを探ればホワイトニング効果をある程度は推測できます。

安いクリニックがダメなのではない

ホワイトニング料金から言うと、高度な設備が導入されているクリニックは価格が高い為、格安クリニックと高額クリニックなら後者の方がホワイトニング効果に期待を持ちやすいです。

しかし、料金が安いクリニックでも「濃度の高いジェル」+「照射システム」というホワイトニングシステムなら、高濃度ジェルを使っている時点でホワイトニング効果は見込めます。

その為、一概に格安クリニックは失敗するとは言えないので、やはり「ジェルの種類や濃度」をしっかりと聞いておき、「照射システム」についても導入機器のメーカーや効果について聞いておくのがベターです。

カウンセリング比較をやっておく

実際にクリニック選びで失敗しない為には、カウンセリング比較をしておくのが望ましいです。

ホワイトニングは来院して速攻でホワイトニングの施術が始まるわけではありません。高濃度ジェルによる副作用があるので、最初は「カウンセリング」→「口内検査」という流れが一般的です。

ホワイトニングでは、カウンセリング料金が無料のところも多いので、まずはカウンセリング比較から始めてホワイトニングの内容について聞いておくのがオススメです。

クリニック選びの注意点

クリニック選びで注意をしておくべきことは、「高濃度ジェル」を使っていないクリニックがあるという点です。

ホワイトニングのロジックは、過酸化系の強烈な漂白によって歯が白くなります。これを根底に考えると、高濃度ジェルを使っていないクリニックは市販されているホワイトニンググッズと似たような効果しか得られません。

セルフホワイトニングなど、歯科医師の口内検査や診断がないクリニックでは「高濃度ジェル」を使っていない可能性が高いです。そもそも、高濃度ジェルは「医師の判断の元で使用すること」が前提なので、しっかりとホワイトニング効果を得たいなら「高濃度ジェル」が使用されているかどうかを確認しておきましょう。

個々の歯色の違いも意識すること

ホワイトニングを行う目的は、「歯を白くする」以外にも「白い歯を維持する」という目的もあります。

例えば、高濃度ジェルを使っていないクリニックでホワイトニングを行う場合、歯を白くする即効性には期待が持てませんが白い歯を維持するという目的では効果があります。

人によって歯の色が異なり、ホワイトニングを行う目的が違うことも多少は意識しておくべきポイントです。

また、すでに歯が白くなっている場合はホワイトニング歯磨き粉でも効果に期待を持てるので、その辺りも合わせて検討してみてくださいね。

東京オススメ5選

さて、東京には多くのクリニックがありますが、その中でも人気が高いオススメのクリニックを5つ紹介します。

ホワイトニング東京・31,900円

「ホワイトニング東京」は、通院回数1回で31,900円です。相場通りの料金でホワイトニングを利用することができ、さらに照射システムも最新機器が導入されているので効果に大きな期待を持てます。

ホワイトニング東京が導入しているシステムは「ZOOMシステム」であり、フィリップス社の製品です。

クリニックのホワイトニングはとにかく即効性が魅力であり、相場からホワイトニング効果まで文句なしのクリニックです。

ブランパ銀座・15,000円

「ブランパ銀座」は安い価格でホワイトニング効果に期待を持てるクリニックです。

公式では、過酸化成分によってホワイトニング効果を得られることが丁寧に解説されており、ホワイトニングシステムから効果は高いと推測されます。

ただし、悲報として「初めて当院に来店いただく患者様へのホワイトニングのみのご提供は行っておりません。」と公言されているので、何かの治療を受けてからでなければホワイトニングを利用できません。

これについて問い合わせをしたところ、基本的に「どんな治療を受ければホワイトニングを利用できるのか?」という明確な線引きはないようです。

利用履歴があればホワイトニングの施術を受けられるようなので、虫歯治療やクリーニングなど気軽なメニューから始めてみて下さい。

ホワイトエッセンス・8,000円~

「ホワイトエッセンス」は、誕生から16周年で年間20万人の来院数があり、全国で150以上の加盟医院数があります。

東京では、銀座や新宿など立地の良いところにクリニックがあるので、1つの候補として抑えておいて損はありません。

オフィスホワイトニングは、12本で8,000円、本数制限なしで70,000円という価格です。8,000円コースは薬剤の一度塗りなので、他店のように一回の施術で何度も薬剤を塗るケースに比べると多少効果が弱いと思われます。

8,000円という価格自体は格安なので、効果が低かった場合を想定して薬剤2度塗りでも16,000円です。この想定ではホワイトニングの相場どおりといった感じです。

ちなみに70,000円コースは薬剤を3度塗りするようなので、ホワイトニングの即効性はこちらの方が高いです。1日で歯を白くしたいなら、高額ですが70,000円コースの方がオススメです。

ティースアート・4,000円~

「ティースアート」は、ホワイトニングメニューがかなり多く、各メニューによって4,000円前後~数万円というように料金はピンキリです。

とにかくメニューが豊富なことからも、予算に見合ったホワイトニングを選べることが魅力です。また、ホワイトニングの原理や未成年のホワイトニングなど、ホワイトニングに関する知識が色々と提供されていることも信頼に繋がります。

ティースアートは全国にクリニックが展開されており、東京には銀座や新宿などに店舗があります。ホワイトエッセンスと同様に大手のクリニックとして抑えておきましょう。

アニバーサリーデンタル銀座・15,660円~

「アニバーサリーデンタル銀座」は、ホワイトニングコーディネーター認定資格を取得した専門セラピストが在籍していることが特徴です。

ホワイトニング料金は15,660円から70,200円と幅が広く、1回のホワイトニング料金は相場どおりといった印象です。

ホームホワイトニングにも対応しているクリニックで、ジェルの価格も1本あたり1,620円なのでこちらも相場どおりです。ただし、マウスピースが22,600円となっているので、これは他店に比べてやや高いです。

ジェルは自分に合った濃度を選ぶことができるので、自分に合ったホワイトニングを見つけやすいクリニックです。

クリニックで失敗する可能性は低い

東京には非常に多くのクリニックがあるので、今回紹介したクリニック以外にもまだまだ候補があります。

根本的に自宅から通院しやすいかどうかをテーマにしてクリニックを探すのも良いですし、いろんなクリニックを比較してみてくださいね。

さて、初めてクリニックを利用する方は「失敗したらどうしよう・・・」と不安を感じることがあると思いますが、クリニックのホワイトニングは極端に失敗するケースは殆どありません。

特に歯が汚れている人ほどクリニックで効果を実感しやすいですし、たとえ使用されているジェルの濃度が低くても市販グッズと比較すればホワイトニング効果は圧倒的にクリニックの方が高いです。

上記で紹介したように、過酸化系を使っていないホワイトニングに注意をしておけば、ほぼ失敗することはありません。また、クリニックでホームホワイトニングを利用する場合も、結局は「使用する薬剤が過酸化系かどうか?」がポイントとなります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングなら、どちらの方が効果が高いのかも気になると思います。これについては、オフィスの場合は同種のジェルでも高濃度が使用されているケースがあり、さらに照射システムからホワイトニング効果が高くなりやすいです。

一方、ホームホワイトニングは副作用を懸念して低めの濃度を配布しているケースが多く、照射システムがないのでやや効果が劣ると考えられます。しかし、継続性が強みなので白い歯を維持するという意味ではオフィスホワイトニングよりも長期的効果は高いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする