歯科で施術できるクリーニングとは?気になる相場、施術内容をまとめてみました

歯科で施術できるクリニーングとは?

歯科では「クリーニング」という施術を受けることができます。

クリーニングは歯磨きでは落とすことが出来なかった「歯石」や「歯垢」を除去することが目的であり、それは虫歯や歯周病など歯の病気を予防することに繋がります。

その為、クリーニングは保険診療で施術を受けることができるので、毎日の歯磨きに不安を感じる方はクリーニングを利用してみてください。

また、自由診療ではステインを除去することを目的として、審美性を追求する意味合いからクリーニングの施術を受けることができます。保険が適用されないので多少コストが掛かりますが、それでもホワイトニングとセットで利用するなど、綺麗な歯を維持するには非常に大きな効果があります。

クリーニングの種類

クリーニングの種類は

  • 保険診療
  • 自由診療

の2種があります。

保険診療は上記のとおり、歯の病気を予防する為の施術です。相場は3,000円~4,000円ほどです。

自由診療は審美性を求める治療なので、保険が適用されません。相場は5,000円~30,000円とかなり値幅が広くなります。

また、自由診療はクリニックによって導入されている機器によって様々な名称がありますが、一般的に認知度が高いのが「PMTC」です。

保険診療の施術内容

歯垢は歯石が時間の経過で強固になった物質で、歯ブラシで磨いただけでは取れません。歯垢が蓄積されると歯周病の原因になるので、歯石や歯垢を除去することはとても大切です。

保険診療のクリーニングでは、歯磨きでは除去することが難しい歯垢を取り除くことができます。また、この治療はかなり身近な歯科治療の1種であり、人によっては「クリーニングをお願いします」と言わなくても虫歯治療の際に簡単なクリーニングをやってもらっているケースも多いです。

毎日歯磨きをしていても、「前歯の裏面」はブラッシングが難しい為、歯垢がたまっていることが良くあります。定期的にクリーニングを受けておく方が健康的な歯を維持できるので、時間のある時に施術を受けておきましょう。

保険診療のクリーニングは頻繁に施術を受けるほど病気を回避しやすくなりますが、基本的に歯磨きで歯石を除去すれば問題ありません。ちゃんと歯磨きをしていることを前提として、1ヶ月~2ヶ月に1度くらいの頻度でも大丈夫です。もっと長い期間で言えば、歯磨きのクオリティ次第では半年や1年に1回でも大丈夫です。

自由診療の施術内容

自由診療のクリーニングは、クリニックに導入されている医療機器によってやり方が多少違います。

ここではPMTCを紹介します。

PMTCは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」という長い名前の略称で、歯を掃除するための医療機器です。

PMTCは最初に歯の表面にペースト塗ります。次に専用ブラシでブラッシングしていき、ラバーチップで歯の隙間を掃除します。最後はペースト洗い流してトリートメントでコーティングして完了です。

保険診療との大きな違いは、歯石や歯垢を除去することに特化しているのではなく、あくまでも歯の表面の汚れを除去することがテーマという点です。

PMTCはホワイトニングと併用するのが効果的であり、ホワイトニングをする前に歯の汚れをPMTCで落としておくのがオススメです。また、保険診療のクリーニングについても、やはりホワイトニングをする前に歯石や歯垢を除去しておくのが理想です。

歯を完璧に白くしたいという時に、保険診療で歯石や歯垢を除去しておき、次に自由診療でステインを除去しておけばパーフェクトです。

ジェットクリーニングという方法もある

自由診療では、PMTC以外にもジェットクリーニングという方法もあります。

これは水力によって歯の汚れを除去する装置であり、家庭向けの装置も販売されています。

クリニックで自由診療のクリーニングを受けるなら、PMTCのように「研磨」によってステインを除去する装置の方が効果は高いと思われます。

ジェットクリーニングが気になる方は、パナソニックの「ドルツシリーズ・ジェットウォッシャー」から始めてみるのがオススメです。

amazonで約10,000円ほどの価格ですが、口コミ数787の☆4.5と高評価です。(2017年8月時点)

ちなみにドルツは電動歯ブラシとして高いブランド力があるので、ジェットウォッシャーと合わせてドルツの電動歯ブラシにも注目してみてくださいね。

完璧な歯のクリーニング方法

さて、歯をクリーニングする目的は

  • 病気を予防
  • 審美性の追求

の2つです。

基本的にクリーニングは歯磨きと同様の目的を持っているので、気になる方はクリニックでクリーニングをやっておくに越したことはありません。

クリーニングは上記の2つの目的においては、屁理屈を除外すれば何1つデメリットがありません。

ステップ1・スマホ連動の歯ブラシを購入する

完璧に歯の健康と審美性を追求するなら、スマホ連動の電動歯ブラシがオススメです。

メジャーブランドでは、ソニッケアーブランド「ダイヤモンドクリーン・amazon約36,000円」とブラウンオーラルBブランド「ジーニアス9000・amazon約17,000円」がオススメです。

これらのハイスペック電動歯ブラシは、多彩なモードやヘッド種など色々とメリットがありますが、「スマホと連動している」というのがオススメの理由です。

基本的に歯磨きを完璧にこなすことができれば、クリーニングは不要とも言えます。スマホ連動型は、自分の歯磨き生活のデータを見ることができたり、歯磨きのサポートをしてもらえることが魅力です。

要するに今まで以上に歯磨きに対する意識が向上するので、これによって歯石や歯垢、ステインなどの除去率が高くなると言えます。

すでに歯磨きに対する意識が高いという方は、手磨きでも十分です。歯磨きをする際に「前歯の裏」など、ブラッシング回数が少なくなりやすい歯を意識して歯磨きするように努めましょう。

ステップ2・歯磨き粉にこだわる

審美性を追求するなら、電動歯ブラシと合わせて歯磨き粉も検討しておきましょう。

これは「はははのは・amazon約3,500円」や「アパガードリナメル・amazon約2,000円」など、様々なホワイトニング歯磨き粉があります。

基本的に歯磨き粉は過酸化未配合なので、ホワイトニング効果はどれも似たようなものです。また、外国産の過酸化配合は副作用があるので、一度は医師に相談をしてから使用する方が安全です。

ステップ3・定期的にクリーニングする

さて、歯ブラシと歯磨き粉で効果的な歯磨き生活をしておきながらも、定期的に保険診療のクリーニングを受けましょう。

上記のとおり、保険診療のクリーニングは3,000円~4,000円とかなり安いので、効果を含めても相当にコスパが良いです。

また、クリーニングを受ける際に口内チェックをしてもらうことができるので、虫歯の早期発見などプラスαとなるメリットもあります。

クリーニングはホワイトニング専門歯科でも定番メニューであり、どこでも受けられる施術だと言えます。

ステップ4・さらなる審美性はPMTC

ステップ3までを実践するだけでも健康且つ審美性の高い歯を維持できますが、さらに歯の表面の汚れを除去したいなら自由診療のPMTCを利用しましょう。

これは真剣にホワイトニングをしたいという時、ホワイトニングの施術を受ける前にやっておくのがオススメです。

PMTCは相場が広いので、価格からリーズナブルなところを選べば良いです。価格が高額だからと言って圧倒的な除去率が実現されるとは限りません。

ステップ5・ホワイトニングで完成

最後はホワイトニングで完成です。

歯石や歯垢は「電動歯ブラシ」・「歯磨き粉」・「保険診療のクリーニング」で除去されており、ステインはさらに「PMTC」で除去率が高くなっている状態です。

この状態でホワイトニングから高濃度ジェルで漂白すれば、浸透率が高いことからも白い歯を手に入れやすくなります。

また、ホワイトニングの方法は「デュアル」として、定期的にオフィスホワイトニングをするようにしておき、持続性はホームホワイトニングに託すというやり方がオススメです。

ステップ4までを実践しておくと、歯の汚れが強烈ではない限り、ホワイトニングが不要なケースも多々あります。すでに歯の汚れが目に見えて分かる場合、一度は漂白しておかなければ上記の4ステップでは対処できないケースが殆どです。しかし、一度漂白すればステップ4を繰り返すことでホワイトニングなしでも健康且つ白い歯を持続することは可能です。また、その場合のホワイトニングの必要性は「歯の汚れが気になった時」となるので、根本的にホワイトニング回数を減らせることからコストも軽減できます。

まとめ

クリーニングをすることで「健康な歯」・「綺麗な歯」を手に入れることができます。

歯に関する悩みの原因は「歯石や歯垢」・「ステイン」が殆どなので、保険診療と自由診療の双方のクリーニングから歯の悩みに対して解決することができます。

また、クリーニングに求められる役割の根底には「歯磨き」があるので、すべてをクリーニングに頼るのではなく歯磨きにこだわる意識を持つことも大切です。

「歯磨き」+「クリーニング」という考え方を持っておくと理想の歯を維持しやすくなり、さらに審美性で話題のホワイトニングについても相乗効果を見込めるようになります。

一般的に何かの治療が必要となった時しか歯医者さんへ行く機会がないという人が多いと思いますが、これを機にクリーニング目的で歯医者さんへ行ってみてくださいね。口内検査という意味でも、クリーニングを利用するメリットは非常に大きなものがあります。しかも、保険診療は値段が安いので気軽に足を運んでみるのがオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする