銀歯を白くする時の値段相場とメリット・デメリット解説!【保険内・保険外まで】

銀歯を白くする方法

銀歯は保険診療なので、虫歯を治療した際などに詰め物や被せ物として使用されることが多いです。

銀歯は値段が安く強度もある、こうした理由から「外見」を除けば優秀な素材です。

しかし、銀歯は口を空けた時にどうしても目立ってしまうので、治療後は銀歯を白くしたいと思うことが良くあります。

銀歯を白くする方法は

  • 素材を変更する
  • マニキュアを塗る

の2択があります。

マニキュアというのはホワイトニングでお馴染みのアイテムですが、薬剤をコーティングして歯を白くすることができます。しかし、飲食や時間の経過で色が落ちるので、名前のとおりその場凌ぎとしての効果しかありません。

白い歯を持続したいのであれば、銀ではなくレジン(プラスチック)やセラミックなど自然歯に近い色を持つ素材に変更するのが望ましいです。

保険適用の素材

自然歯と同じような見た目であり、尚且つ保険が適用される素材として

  • コンポレットレジン:全歯に対して保険診療、1,000円~3,000円
  • 硬質レジン前装冠:前歯を含めて3番目まで保険診療、3,000円~5,000円
  • 硬質レジンジャケット冠:前歯を含めて5番目まで保険診療、3,000円~5,000円
  • ハイブリッドレジンジャケット冠:前歯から4番目と5番目のみ保険診療、7,000円~10,000円

などがあります。

レジンというのはプラスチックのことであり、銀歯よりも強度が劣りますが見た目が銀歯より優れています。

上記の種類の中では、ハイブリッドレジンジャケット冠が見た目と強度の両方において優秀ですが、歯科技工士の手作業での作成は自由診療になるようです。

これらの素材は前歯から数えて5番目までなら保険が適用されるので、6番目以降の歯については自由診療となります。どの歯に対してどんな素材が保険適用となるのかはクリニックで説明してもらうことができるので、上記を参考に相談してみてくださいね。

保険適用外の素材

保険適用外の素材だと、いわゆるセラミック治療が自由診療として候補となります。

セラミック種は、オールセラミックやジルコニアセラミックなど、セラミックをベースにして様々な素材があります。

セラミックというのは陶器で使われる素材であり、強度が優れていることが特徴です。

クリニックによってどんなセラミック種に対応しているのか様々であり、価格についても自由診療なのでピンキリです。相場は80,000円~150,000円なので、治療箇所に対して「強度」を考慮しながら担当医に相談して最適な素材を決めるのが理想です。

銀歯を白くするメリット

銀歯を白くするメリットは、審美性を手に入れられることです。

治療箇所にもよりますが、保険診療から審美性を求めることも可能です。

一般的に歯の詰め物や被せ物をする時、素材を気にしなくても適材適所で保険診療をベースとして治療をしてくれるはずです。

例えば、前歯を治療する時は審美性が求められるので、保険が適用されるレジンや硬質レジンジャケット冠など、見た目の問題もしっかりとカバーしてくれるでしょう。

しかし、歯というのは見た目が大事であるものの、根本的には強度が欠かせません。そう考えると、必ずしも保険診療が望ましいとは限らず、自由診療からセラミック種で治療をする方が強度を伴って審美性を追求しやすいと言えます。

患者さんにとって望ましいのはセラミック種がすべて保険適用となることですが、これは今のところ法改正に動きはありません。

銀歯を白くするデメリット

銀歯を白くするデメリットは、保険診療でレジンベースを使う場合に破損しやすいことです。

フランスパンなど硬い食べ物にかぶりついた時、レジンベースの素材は欠けたり割れたりしやすいです。その点、セラミック種はコストが高い反面として強度が優秀です。

奥歯に関しても、銀歯とレジンでは銀歯の方が強度が優れています。その為、一般的に奥歯の詰め物ではプラスチックよりも銀歯を採用しているクリニックが多いです。

奥歯に審美性と強度の両方を求めるのであれば、これは自由診療でセラミック種から治療を受けるしかありません。

結局、見た目がどれだけ良くても破損する頻度が高いなら、その度に再治療を受けなければなりません。そう考えると、コスパが最も優秀なのは銀歯なのかもしれません。

保険診療と自由診療の保証

保険診療で銀歯を白くした場合、「補綴物維持管理料」を取っているクリニックでは「2年保証」が適用されます。

自由診療で銀歯を白くした場合、各クリニックによって各セラミック種に対する保証の有無や保証期間は様々です。上記の「補綴物維持管理料」は保険診療に対してのみ適用であり、さらに補綴物維持管理料を申請しているクリニックにおいて適用される保証です。

補綴物維持管理料とは?

補綴物維持管理料は保険の1種であり、2年以内に保険診療のクラウンやブリッジが破損した場合に無料で再治療を受けることができるという内容です。

これに関するトラブルが意外と多く、補綴物維持管理料を支払っているのに2年以内の再治療は自己負担を強いられたというケースがあるようです。

まず、補綴物維持管理料を徴収していないクリニックにおいては、2年以内に再治療をする場合に保証が適用されませんが、7割負担で再治療が可能です。

補綴物維持管理料を徴収しているクリニックにおいては、2年以内に無料で再治療を受けることができますが、クラウンを紛失した場合や素材によって患者さんとクリニックに間でトラブルが起こりやすいです。

トラブルを回避するにあたり、「補綴物維持管理料」について詳しい説明を受けるようにしましょう。「自分が選択した素材は2年保証があるのか?」を聞いておき、再治療の場合に「いくらの治療費が掛かるのか?」を最初に聞いておくのがベストです。

補綴物維持管理料は硬質レジン前装冠やジャケット冠など、保険治療において補綴物維持管理料がプラスされます。そのケースにおいて、2年以内に新しく作り直すことになった場合は無料となります。

銀歯を白くする選択肢は患者さんにない?

銀歯を白くしたい時に保険治療においてはいくつかの選択肢がありますが、仮に保険治療で銀歯を白くできるとしても「強度に問題がある」と診断される場合は強度を優先して治療を行う必要があります。

要するに近い将来に破損すると分かっているのに保険治療で歯を白くするのは間違っているというわけです。

どんな症状に対しても患者さんの希望を優先できると、わざと壊れやすい素材や治療方法を優先することでリピート回数を増やすことが出来てしまいますね。

銀歯を白くするという根底には、基本的に歯科医師の判断という権限がある事を合わせて覚えておきたいところです。

審美性と強度

銀歯を白くするかどうかで悩む時、焦点となるのは「強度」です。

これは保険診療と自由診療では、どちらの方が強度が優れているのかは分かりません。

銀歯の詰め物や被せ物は、治療箇所が様々です。また、どちらの診療においてもいくつかの素材を選択することができ、治療箇所における噛み合わせや素材の強度から最適な治療を見つける必要があります。

この問題は患者さんの希望と医師の判断から妥協点を探るしかないでしょう。

奥歯にクラウン治療をする場合、担当医は保険診療で銀歯が妥当と判断、患者さんは見た目を優先したいのでプラスチックを希望、しかし強度に問題があると判断されると自由診療からセラミックを検討するしかないケースがあるでしょう。

また、セラミック治療を受ける場合でも様々な素材がありますが、考え方は基本的に同じです。やはり、強度を追求しながらも審美性を求めることがベースとなるので、担当医のアドバイスを受けながらも好ましい素材を選択するようにしましょう。

セラミックの保証

セラミック治療は自由診療なので、補綴物維持管理料の2年保証は適用されません。

現状として、セラミック治療の保証期間は本当にクリニックによって様々であり、保証適用の条件についても同様です。

セラミック治療を売りにしているクリニックでは、2年保証や3年保証、長期保証が用意されているところだと5年保証や10年保証などもあります。

保証の適用条件に関しては、一定周期でクリニックに通院するという条件が多い為、小まめにセラミックのメンテナンスを受けるスタンスは余儀なくされそうです。

しかしながら、セラミック治療は相場が高額であり、しかも年数が経過するほど劣化します。従って保証を適用させる為にクリニックへ通院するというよりは、長持ちさせる為に状態をチェックしてもらうというスタンスは欠かせないでしょう。

セラミック治療を検討するなら、目先の費用だけではなく保証期間も合わせて検討してください。同額のセラミック治療でも、やはり保証期間が長い方がお得であることは間違いありません。

健康な歯を目指そう

すでに銀歯を持っている方は今回のテーマを参考に最適な対策を見つけるしかありませんが、将来的に銀歯を持つ可能性があるなら根本的に健康な歯を目指す方がメリットが大きいです。

歯の健康に対する考え方は人それぞれですが、歯の病気が死に至ることが極度に稀であることからも虫歯を軽視する人は意外と多いと思います。

そもそも、虫歯にならない限りは銀歯治療を受けることもなく、例外となるのは事故等によって歯を破損するケースです。

毎日しっかりと歯磨きをすることで、健康な歯を維持することができます。銀歯になると分かりますが、自然歯とは異なる色というのは結構気になるものです。

特に審美に敏感な方ほど銀歯に対する悩みは強く感じる傾向があるので、より一層健康な歯を維持することに努めるのが望ましいです。歯ブラシや歯磨き粉にこだわりを持って、虫歯にならないように入念なケアを心掛けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする