ホワイトニングとは?今更聞けない、種類、価格相場など解説!【自分に合ったホワイトニングを】

そもそもホワイトニングとは?

ホワイトニングをネットで調べると、「歯を白くするための方法」というのは簡単に分かります。

しかし、いざホワイトニングをやろうと思った時、「クリニックと市販グッズの違いは?」・「市販グッズのそれぞれの違いは?」など細かい違いをなかなか理解できませんね。

今回は「今更聞けない・・・」をテーマにホワイトニングの種類や価格相場を解説していき、あなたにピッタリのホワイトニングを提案します。

過酸化成分を知ろう

最初に覚えるべきは「過酸化成分」です。

ホワイトニングはいろんな方法がありますが、「過酸化成分使用」と「過酸化成分未使用」に大別されます。

「歯を真っ白にできるホワイトニング」というのは、基本的に過酸化成分を使用したホワイトニングです。

  • 日本産:日本では過酸化成分配合は高濃度ジェルのみ
  • 外国産:歯磨き粉やウォッシュなど過酸化成分配合製品が多い

過酸化成分の有無によって何が変わるのか?これは即効性です。

例えば、高濃度ジェルと市販されている歯磨き粉なら、どちらもホワイトニング種であるものの、前者は過酸化成分によってすぐに歯を白くできますが、後者はいつ歯が白くなるのか不透明です。

日本で市販されているグッズには過酸化成分配合の商品が1つもないので、どれだけホワイトニングが強調されている製品でも「どのくらい歯が白くなるのか?」や「いつ歯が白くなるのか?」は永遠に答えが分かりません。これは医薬部外品でも同じです。

外国産なら過酸化成分が配合されている製品があり、高濃度ジェルについても通販サイトから購入使用可能です。しかし、生産国がどこであろうと日本の薬事法において、過酸化成分配合の製品は医師の診断の元で使用するように決められています。

つまり、過酸化成分が配合されている製品は日本のルールにおいて医師に相談をしてから使用することになっており、個人の判断で購入使用しても違法ではありませんが「危険だよ」というルールになっています。

自己判断は痛みが伴う危険がある

過酸化成分を医師の元で使用する場合、最初に口内検査をしてもらうことができるので副作用のリスクを考慮できます。

しかし、自己判断で過酸化成分を扱うと、口内がどんな状態かを考慮することが出来ないので激痛が伴うリスクがあります。

高濃度ジェルを通販で購入するなら、医師に口内検査をしてもらってから使うのが理想です。

外国産の過酸化成分配合製品を購入するなら、こちらも同様です。

過酸化成分は圧倒的なホワイトニング効果が見込めますが、自己判断で使用するのが危険というデメリットがあるわけです。

ホワイトニングの種類一覧

過酸化成分別によるホワイトニングの種類は

  • ホームホワイトニング(クリニックで処方):クリニックの施術、高濃度ジェルを使用
  • ホームホワイトニング(自分で処方):通販サイトで購入、高濃度ジェルは不使用
  • オフィスホワイトニング:クリニックの施術、高濃度ジェルを使用
  • デュアルホワイトニング:クリニックの施術、ホームとオフィスの併用を言う
  • シール:外国産の製品しかない、過酸化成分配合で副作用がある
  • 歯磨き粉:外国産を除き、過酸化成分未配合で即効性がない
  • ウォッシュ:外国産を除き、過酸化成分未配合で即効性がない
  • マニキュア:過酸化成分未配合、化粧品と同じで白い薬剤を塗るだけなので持続性がない
  • 消しゴム:過酸化成分未配合、クリニーングと同じでステインを研磨する

となります。

安全重視で絶対に歯を白くしたいなら、上記のとおり「クリニックを利用する」以外に選択肢はありません。

過酸化未配合は効果あるの?

ホワイトニング効果というのは、「歯の汚れの原因」・「色が白くなったという定義」などによって理屈が変わります。

基本的に過酸化成分を使わなければ即効性はあり得ませんが、極度に歯が汚れていると市販されている歯磨き粉でも「歯が白くなった!」と実感することもあります。

上記のとおり、ホワイトニングの種類は「過酸化成分の有無」で大別され、この有無によって汚れに対するアプローチの仕方が変わります。

歯の汚れの原因やアプローチの仕方によっては、過酸化成分が配合されていない市販グッズでもホワイトニング効果はあると言えます。

分かりやすい例は「クリーニング」であり、歯の表面のステインを除去することで歯が白くなる場合、これは市販されているグッズなら大抵は効果があります。

逆に歯の内面に汚れが浸透している場合、表面をどれだけ研磨しても希望の白さを得ることは難しいです。その対策として効果が立証されているのが過酸化成分です。

  • 表面:どんな方法でも効果が見込める、極端に言うと歯磨きでも効果があり得る
  • 内面:表面を研磨し過ぎることは不可、過酸化成分で内面まで漂白するのが好ましい

歯の表面と内面の汚れの見分け方は?

「自分の歯の汚れが表面だけなのか内面まで浸透しているのか?」、この見分け方は生活習慣からの勘しかありません。

3D技術で色の違いから歯の断層を調べることは可能かもしれませんが、コストを考えるとオフィスクリニックを利用するほうが安いでしょう。

基本的に着色性の高い飲食をする頻度が高いほど、歯の内面まで着色が浸透している可能性が高いです。また、その年数が長い人ほど同様の結果が考えられます。

毎日、コーヒーとタバコをセットでたしなむなど、生活習慣から思い当たる節があるならクリニックでホワイトニングをしましょう。

市販されている過酸化成分未配合のウォッシュや歯磨き粉では、内面の汚れを取ることはできないのかも気になりますね。

これは単純にその作業時間から考えても、各製品に配合されているポリリン酸等の薬剤が歯に浸透する時間が短いのできっと効果はありません。

逆に歯に浸透する時間を長くすると効果を実感できる可能性はあり得ますが、歯磨きやウォッシュを長時間行うのはそもそも難しいですね。

一番手っ取り早いのは、歯の消しゴムを購入して歯の表面を研磨してみることです。これによって歯が白くならないのであれば、歯の内面が汚れていることになります。

絶対に歯を白くするならクリニックがオススメ

絶対に歯を白くしたいという方は、クリニックでホームホワイトニングかオフィスホワイトニングを検討しましょう。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングはどちらでも構いませんが、利用するクリニックが「高濃度ジェルを使っているかどうか?」は必ずチェックしておきたいところです。

セルフホワイトニングなど、クリニックによっては高濃度ジェル以外の方法で汚れにアプローチしているところもあります。

ホワイトニングの漂白効果は、過酸化成分が必須で濃度が高いほど即効性も得やすくなります。

オフィスとホームの相場

オフィスホワイトニングは1回10,000円~30,000円ほどが相場です。

ホームホワイトニングはマウスピースが15,000円ほど、薬剤が1,500円~3,000円ほどが相場です。

どちらの方法も歯を確実に白くすることができますが、持続性を考えたらホームホワイトニングの方が良いです。

白い歯を維持するなら通販がオススメ

通販で購入するアイテムでも、歯の表面に付着しているステインが理由ならば十分にホワイトニング効果を見込めます。

しかし、一般的に歯の汚れで悩んでいる方の多くはすでに内面まで着色が進行しているケースが多く、その場合に市販グッズを試しても「効果を実感しない・・・」というオチに至りやすいです。

昨日今日の汚れに対する悩みなら市販グッズでも十分ですが、数年越しの蓄積された汚れはどんな市販グッズを使っても効果を得られるかどうかは不明です。

一応、医薬部外品は効果が認められている製品ですが、それでもホワイトニングの理屈は「過酸化成分」なので、効果があると言ってもその度合いは個々によって様々という点は覚えておく必要があります。

消しゴムの相場

歯の消しゴムの相場は500円前後です。

何気に歯の表面の汚れに対してはこれが一番コスパが優秀だと思われます。ただし、研磨し過ぎないように注意をしておきましょう。

同様の効果が見込めるのはPMTCなので、時間があるならクリニックでクリーニングするのもありです。また、歯垢や歯石は保険診療のクリーニングを受けられます。

歯磨き粉の相場

ホワイトニング歯磨き粉の相場は500円~5,000円です。

市販されているグッズの中で最も賛否両論となるのが歯磨き粉です。多くのユーザーは「効果がない・・・」と痛感しますが、これに関しては「効果はあるが、どのくらいまで歯が白くなるのかは不明」と認識しておきましょう。

歯がそれなりに白い場合は効果を実感できず、逆になるほど効果を多少は実感しやすいでしょう。

誰にとっても歯が確実に白くなるという歯磨き粉は今のところありません。外国産の過酸化成分配合の歯磨き粉は効果が高いと評判ですが、それを使用するかどうかは高濃度ジェルと考え方が同じです。

しかしながら、すでに歯が白い場合に歯磨き粉は非常に役立つアイテムです。どちらかと言うと、歯を白くするというよりは白い歯を持続させる役割として使うのがオススメです。

過酸化系グッズの自己判断はオススメできない

高濃度ジェルや過酸化成分配合の外国産製品を購入するのはオススメできません。

虫歯や知覚過敏がひどい場合、想像以上の痛みが伴うことがあるので、どうしても自己判断で購入したい場合はその点を覚悟しておきましょう。

まとめ

今更聞けないホワイトニングの疑問は解決できたでしょうか?

最後にオススメの方法を1つ紹介しておくと、何よりも「歯磨き」にこだわることが大事です。

健康な歯を目指すには歯磨きは不可欠、歯磨きは健康と審美性の原点でもあるので、これを機に歯磨きを見直してみてはいかがでしょうか。電動歯ブラシを購入したり、ホワイトニング歯磨き粉を併用するなどすれば、今以上に審美性を追求した歯磨き生活を送れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする