ホワイトニングに保険は適用できるの?にお答えします

ホワイトニングは自由診療

ホワイトニングは「健康保険を適用できるのか?」、これは残念ながら保険は適用されず自腹となります。

医療施設の治療は「保険診療」・「自由診療」の2つに区別され、ホワイトニングは後者の自由診療です。

保険診療と自由診療は医療施設が独断で決めているのではなく、法律で決まっています。

一般的にも2種の診療の違いを知っている方は多いと思いますが、美容を目的とした治療に関しては保険が使えません。

ホワイトニングの他にも

  • 歯科矯正
  • セラミック治療
  • PMTCなど自由診療のクリーニング

などが自由診療です。

自由診療の場合でも特異な症状においては保険適用となるケースがあり、歯科矯正の場合なら先天性の疾患、セラミック治療なら治療箇所と被せ物の素材によっては保険治療となります。

ホワイトニングの場合は特殊な症状のケースというのがないので、どんな症状であっても自由診療です。

例えば、生まれながらに歯が真っ黒になっているなど、極々稀な特殊な症例があるのであれば保険が適用されるかもしれません。しかし、そうしたケースは基本的にホワイトニングよりも「根管治療」や「セラミック治療」が必要となるので、真っ先にホワイトニングの出番がやってくることはないでしょう。

ホワイトニングの治療費はどのくらい必要?

自由診療といえば「治療費が高い・・・」というイメージがありますが、ホワイトニングは1回の診療費用はさほど高くありません。

  • オフィスホワイトニング:1回の相場が10,000円~30,000円
  • ホームホワイトニング:マウスピース作成費用が15,000円~20,000円、ジェルが1本1,500円~3,000円

もちろん自由診療なので「割高のクリニック」・「割安のクリニック」がありますが、セラミック治療や歯科矯正のようにクリニックによる治療費の差はそれほど大きくありません。

また、ホワイトニングは「効果」を追求する必要があるので、単純に費用が安いところが優秀とは言えない現状があります。しっかりと効果を得るためには「過酸化成分を含むジェルが使われているか?」・「ジェルの濃度はどのくらいなのか?」という点に注目する必要があり、それに加えて照射システムの機能性やジェルの使用回数や照射回数によっても効果が変わってきます。

分かりやすくいうと、料金が安くても高濃度ジェルが使われていないなら効果が低いですし、高濃度ジェルが使われている場合でも1度の塗布と1度の照射、さらに施術時間が短いほど効果は落ちます。

この辺りを考慮しながら料金を吟味していくことでコスパの良いクリニックを見つけられるようになります。

オフィスホワイトニングの費用と効果

オフィスホワイトニングはホームホワイトニングに比べて、1回の施術における漂白の即効性が高いことがメリットです。

歯の汚れが目立つ状態でも30分や1時間ほどの施術で歯を白くできます。もちろん、上記のとおり高濃度ジェルや照射システムが使われていることが前提ですが、即効性が高いことが最大の魅力です。

クリニックによってはコースやプランから50,000円・100,000円と費用が高く設定されているところもあります。その場合、1回あたりの費用を計算すると割安か割高かを判断できるので参考にしてみてください。

費用を抑えてホワイトニング生活したいなら、今の歯の汚れをオフィスホワイトニングで漂白しておき、その後は市販グッズやホームホワイトニングで対応するという手もあります。

とにかく絶対に歯を白くしたいという方はオフィスホワイトニングがオススメです。

ホームホワイトニングの費用と効果

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて同製品のジェルでも濃度が低く、さらに照射システムがないことから効果が劣ります。

しかし、ホワイトニングはどうしても色戻りがあるので、日頃の飲食における着色を定期的に漂白するという意味ではホームホワイトニングの方がコスパが良いです。

ホームホワイトニングは必ずマウスピースを作成する必要があり、これに15,000円~20,000円ほど掛かります。ですが、マウスピースを作成してしまえば定期購入のジェル代だけで良いので、長期に見るとコスパは本当に良いです。

歯が結構汚れている状態で一発オフィスホワイトニングをやっておくと、その後はホームホワイトニングだけでも十分に白い歯を維持できます。

デュアルホワイトニングがオススメ

デュアルホワイトニングは「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」を併用する方法です。

オフィスホワイトニングでしっかりと汚れを漂白し、さらに自宅で定期的にホワイトニングすることから「色が戻りにくい=白い歯を維持しやすい」というメリットがあります。

クリニックによって「デュアルホワイトニング」というメニューがあるかどうかは異なり、このメニューが無い場合でも「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」が用意されているならデュアルホワイトニングは可能となります。

デュアルホワイトニングの料金は、それぞれのホワイトニング費用を合算した費用です。メニューとしてデュアルホワイトニングが用意されているかどうかに関わらず、2つの費用に分けて費用をシミュレーションすると割安か割高かを判断できます。

クリーニングとホワイトニングの違い

歯を白くするという目的では、クリーニングも1つの方法となります。

クリーニングの場合、ホワイトニングとは違って保険診療と自由診療があります。

まず、クリーニングというのはホワイトニングとは異なる施術なので、ここを明確に区別しておきましょう。

  • ホワイトニング:過酸化成分を含む高濃度ジェルによる漂白
  • クリーニング:歯の表面の汚れを研磨で落とす

ホワイトニングは、過酸化成分を含む薬剤によって内部の汚れを漂白できることが特徴です。一方、クリーニングは外面の汚れに対して効果があるものの、内面に浸透した汚れは取れません。

クリーニングはスケーラーなど専用器具を使って外面の汚れを除去しますが、歯磨きでは落とせない歯石を除去できるのが特徴です。

クリーニングは保険診療と自由診療のどちらが良い?

保険診療のクリーニングは、歯垢や歯石を除去して歯周病や虫歯を予防することが目的です。そもそも、美容を目的とした治療ではないので、ステイン除去よりは歯垢や歯石を除去する目的で治療が行われます。

歯垢や歯石は歯と歯茎の間に蓄積されやすく、前歯の裏面などは典型的な箇所です。毎日しっかりと歯磨きをしても歯垢や歯石が蓄積されることがあるので、健康な歯を維持するためにも定期的に保険診療のクリーニングを受けておくのが望ましいです。

自由診療のクリーニングは、ステイン除去が目的です。もちろん、歯垢や歯石も除去できるならやっておく方が良いですが、PMTCの場合は専用器具が異なります。

上記の2種のクリーニングは「健康目的なら保険診療」・「美容目的なら自由診療」というように判断しましょう。時間やお金に余裕があるなら両方やっておくに越したことはありません。

保険診療なら2,000円ほど、自由診療なら5,000円~20,000円ほどです。

1つの考え方としては、PMTCの高価格帯で治療を受けるなら低価格帯のオフィスホワイトニングと似たような料金となるので、その場合はホワイトニングするほうが「歯を白くする」という意味において効果が高いです。

ステイン除去は必ずしもPMTCでなければならないというわけではなく、市販されている歯の消しゴム、あるいは歯磨き粉や電動歯ブラシでも同様の効果を得られる可能性があります。しかし、ホワイトニングに関しては代用できる方法がありません。例外として、外国産の過酸化成分配合商品があるくらいです。

ホワイトニングは自由診療だけどやるべき?

歯を白くするメカニズムはとても単純です。

要は歯の汚れには「外面型」と「内面型」があり、基本的には毎日の歯磨きによって白い歯をキープできます。しかし、歯磨きの効果は時間等によって個人差があるので、歯磨きをしても歯が汚れることがあります。

その時、汚れが外面型なのであれば自由診療のクリーニングで表面を研磨すれば綺麗になりますし、市販グッズとして歯磨き粉や電動歯ブラシなどを駆使することでも問題を解決できることがあります。

逆にその汚れが内面型だった場合、これは過酸化成分を歯の内部まで浸透させて漂白するしか手段がありません。内面の汚れを外面からのアプローチで対策する場合、歯が薄くなるほど研磨し続ける必要がありますね。

いろんな対策を講じるよりもオフィスホワイトニング

焦点となるのは歯の汚れが外面型か内面型かです。

人によっては市販グッズやクリーニングを先に試してホワイトニングに辿り着くことがあると思います。その場合、総費用から考えると真っ先にオフィスホワイトニングをやっておく方がきっと費用が安く付きます。

相場どおりの価格帯でオフィスホワイトニングを受けても、高濃度ジェルや照射システムによってたった1回の施術でも歯を白くできます。また、ホワイトニングは加齢による歯の汚れに対しても効果があるので、歯を白くする目的においては万能型な方法となります。

ホワイトニング後は選択肢が多い

真っ先にオフィスホワイトニングを受けておくと、その時点である程度は歯が綺麗になります。それなりに歯が白くなったら、そこからは市販グッズやクリーニングなど様々な選択肢によって健康且つ白い歯をキープすることに徹することができます。

ちなみにホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも効果が落ちますが、それでも高濃度ジェルを使うことから他の方法とは比較にならないほどホワイトニング効果が高いです。

歯の汚れが気になるという方は「オフィスホワイトニング」or「ホームホワイトニング」から始めてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする