短期間で最大限の効果を!デュアルホワイトニングの値段相場、施術内容など徹底解説!

短時間で白い歯を手に入れる方法

ホワイトニングはクリニックの施術や市販グッズなど、様々な方法があります。それらの違いを一言でいうなら「効果を得られるまでの時間」となります。

ホワイトニングのメカニズムからいうと、過酸化成分を使うことで早く白い歯を手に入れることができます。

日本において外国産グッズを除外すると、過酸化成分を使ったホワイトニングは

  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング

の2つだけです。

この2つを併用するのが最効率となり、最も早く白い歯にできる方法は「デュアルホワイトニング」となります。

ホームホワイトニングの効果と相場

ホームホワイトニングは、最初にマウスピースを作成してもらいます。

マウスピースが完成したら、クリニックで高濃度ジェルを購入して「高濃度ジェル」+「マウスピース」でホームホワイトニングをします。

オフィスホワイトニングは照射システムから効果が高くなるので、ホームホワイトニングのその点において効果が劣ります。

しかし、自宅でいつでも好きなタイミングからホワイトニングできることが最大の魅力なので、白い歯をキープしやすくなります。

ホームホワイトニングの相場は、マウスピースが15,000円~20,000円、高濃度ジェルが1,500円~3,000円です。基本的に高濃度ジェルの定期購入が主な費用です。

オフィスホワイトニングの効果と相場

オフィスホワイトニングは「高濃度ジェル」+「照射システム」でホワイトニング効果の即効性が高いことが魅力です。

1回の施術は10,000円~30,000円が相場となっており、意外とリーズナブルです。

オフィスホワイトニングは必ずしも高濃度ジェルが使われているわけではなく、セルフホワイトニングを利用する場合はしっかりと確認しておきましょう。

セルフホワイトニングは自分でホワイトニングを行うので、基本的に過酸化成分が配合されているジェルが使用されていません。

どちらかと言うと、セルフホワイトニングはそれなりに歯が白い状態で利用する方が効果が高いです。

デュアルホワイトニングの効果と相場

デュアルホワイトニングはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用することを言うため、これといって特別な定義はありません。

クリニックによっては「デュアルホワイトニング」というプランを用意しているところもありますが、そうしたメニューがないクリニックでもホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用すればデュアルホワイトニングとなります。

デュアルホワイトニングの施術内容についても特別なものはなく、単純にホームホワイトニングとオフィスホワイトニングをそれぞれ行うだけです。

デュアルホワイトニングの効果が高いのは想像どおりのままであり、クリニックで「高濃度ジェル」+「照射システム」、自宅で「高濃度ジェル」+「マウスピース」でホワイトニングするのですから、単純にホワイトニングの回数が増えるという意味でも効果が高くなります。

デュアルホワイトニングの相場は、低価格帯だと30,000円前後、高価格帯だと50,000円~といった感じです。

例えば、オフィスホワイトニングをセルフホワイトニングにして、しかも利用回数を減らすように調整すると費用はガクッと落ちます。

デュアルホワイトニングはホームとオフィスの双方において、施術回数の規定数などは一切ありません。自由に計画を立てて好きなようにホームとオフィスを併用すれば良い為、相場という概念がないとも言えます。

デュアルホワイトニングで最短はどのくらい?

デュアルホワイトニングを実践して最短でどのくらいで歯が白くなるのか気になりますね。

最初にオフィスホワイトニングから始めたとすると、最短で当日に歯が白くなります。

逆にホームホワイトニングから始めた場合も同様であり、オフィスホワイトニングに比べて効果が劣ることを想定しても1回のホームホワイトニングで歯を白くできます。

また、ホームホワイトニングで歯が真っ白にならなかったとしても、今後に控えるオフィスホワイトニングによって白い歯を手に入れることができます。

デュアルのメリットは?

デュアルホワイトニングのメリットは、やっぱりホームとオフィスをそれぞれ単独利用するよりもホワイトニング効果が高いことです。

1つの考え方として、オフィスの回数を増やしても同じ、ホームの回数を増やしても同じ、というように考えることもできます。

しかし、デュアルホワイトニングはあえてオフィスとホームを併用することで、都合良くホワイトニング生活を送れることにメリットがあります。

例えば、オフィスの利用回数が多いとクリニックへ行くのが面倒な日があります。ホームだけでの場合は自宅での手間にストレスを感じることがあります。

デュアルホワイトニングはそれぞれのホワイトニングの良いところだけを吸収して、自由にホワイトニング計画を立てられます。

デュアルのデメリットは?

デュアルホワイトニングのデメリットは基本的にありません。

何故なら、デュアルホワイトニングは必ずしも「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」を併用し続ける必要がないからです。

例えば、オフィスは1発で終了、あとは自宅でホームホワイトニングをするというのもありです。

それぞれのホワイトニングの利用回数の縛りは、デュアルホワイトニングというプランを利用する場合のみです。

ホワイトニングプランはデュアルホワイトニングだけではなく、ホームとオフィスの双方にもプランが設けられているクリニックもたくさんあります。

他に考えられるデメリットとして、過酸化成分を使用し過ぎるという懸念があります。

これはオフィスとホームの双方において医師の診断の元でホワイトニングする為、予めデュアルホワイトニングすることを医師に伝えておくと副作用を考慮してくれるはずです。

デュアルホワイトニングをプランとして利用する場合は医師も頻度やペースを把握できますが、ホームとオフィスを単品併用する場合はデュアルホワイトニングを行うつもりであることをそれぞれの担当医に伝えておきましょう。そうすることで、過酸化成分を使用し過ぎるという懸念は払拭されます。

デュアルはどんな人に向いている?

デュアルホワイトニングは速攻で歯を白くしたい方に向いています。

今の時点における歯の汚れに関係なく、とにかくスピーディーに歯を白くしたいならデュアルホワイトニング以外に方法はありません。

逆にデュアルホワイトニングを利用する必要がない人は「軽度の汚れ」・「歯がそれなりに白い人」です。

この場合、オフィスとホームを併用しなくても、どちらか一方だけでも十分に歯を白くできる可能性があります。

デュアルはどのくらい続けるべき?

デュアルホワイトニングをプランとして利用する場合、「施術回数」から料金が決まっている為、自然と継続期間も決まってきます。

ホームとオフィスを単品利用しながらデュアルホワイトニングを実践する場合、それを継続する期間は効果から判断する以外にありません。

上記のとおり、人によってはオフィスホワイトニング1発で歯が白くなるケースがあるので、その場合はそもそもデュアルを継続する必要は当面の間はありませんね。

ホワイトニングは日数の経過で色が戻ってくるので、そうなった場合に再びデュアル計画を立てると考えるのが効率的です。

デュアルホワイトニングプラスαが最強

デュアルホワイトニングにさらなる相乗効果を加えて「デュアルホワイトニングプラスα」というメニューを考案するならば

  • ホームホワイトニング・約20,000円
  • オフィスホワイトニング・1回が約30,000円
  • クリーニング・歯垢と歯石除去、保険診療で約2,000円
  • PMTCクリーニング・ステイン研磨、自由診療で約5,000円
  • 手ブラシ・製品問わず、約100円~500円
  • 電動歯ブラシ・「ジーニアス9000・」約20,000円
  • コンパクト歯ブラシ・「ポケットドルツ」約2,000円
  • ホームホワイトニング歯磨き粉・「アパガードリナメル」約1,000円
  • 知覚過敏の歯磨き粉・「シュミテクト」・約500円
  • 歯の消しゴム・「ステインバスター」約500円
  • 総額・約81,500円

がコスパ最強のセットメニューです。

基本的にホワイトニングをした後は「歯磨き」がテーマとなってきます。

歯磨きに関連する製品は色々とありますが、上記あたりの製品はどれも評価とコスパが優秀です。

合計金額はホームとオフィスとクリーニングを除外すると、約24,500円です。

高く付くのがブラウンオーラルbの「ジーニアス9000」ですが、これはスマホ連動型では最も安い製品であり、スペックとブランド力の双方から本当に優秀な電動歯ブラシです。

歯磨きで歯は白くなるの?

歯磨きは綺麗な歯を維持するために必要不可欠であり、もっと根本的な部分を言うと健康的な歯を維持するために絶対に必要な生活習慣です。

歯磨き粉によっては歯が白くなりますが、即効性はないので白くなる実感を得られる人はかなり少ないでしょう。これは歯の消しゴムや電動歯ブラシについても似たような理屈であり、歯を白くするためのアイテムではなく「ステインを除去する」というアイテムです。

歯の表面に付いているステインを除去すると虫歯や歯周病を予防でき、審美については汚れを落とすのですから当然ながら綺麗な歯になります。

歯磨きにこだわりを持つほど、確実に虫歯や歯周病の予防率は高くなります。また、ステインを除去するほどホワイトニングの色戻りが遅くなるので、その意味においても歯磨きを徹底するのは大きな効果が見込めます。

デュアルホワイトニングで白くした歯をキープするためにも、今まで以上に歯磨きに対してこだわりを持ってみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする