電動歯ブラシの効果的な使い方と失敗しない選び方、おすすめ電動歯ブラシ5選!

電動歯ブラシの効果的な使い方

電動歯ブラシの効果的な使い方は「使いこなす」ことです。

歯磨きについて簡単に説明しておくと、歯磨きというのは

  • ステイン除去
  • 歯垢除去

が目的なので、これらを除去できるのが効果的な歯磨きの仕方です。

逆に歯磨きをしても上記を除去できないなら電動歯ブラシを使っても意味がなく、それは電動歯ブラシを使いこなせていないから磨き残しが出ることになります。

電動歯ブラシを使いこなすためには?

電動歯ブラシを使いこなすためには、磨き方を意識する必要があります。

それは根本的に電動歯ブラシだけに生じるものではなく、手ブラシも同様ですね。

手ブラシと電動歯ブラシを比較した場合、電動歯ブラシの方が細かいところを磨きずらいと感じることがあると思います。

基本的に電動歯ブラシは「振動で磨く」ので、各歯に対してヘッドを当てて細かく調整しながら振動を効果的に使うことがポイントです。

これが下手な人は磨き残しが多くなるので、手ブラシでゴシゴシと磨く方が歯磨きのクオリティは高くなるでしょう。

ステインや歯垢が貯まりやすい箇所は?

ステインは歯の表面に付着しますし、歯の隙間や歯茎との隙間にも付着します。

歯垢は後に歯石になりますが、歯と歯茎の間に蓄積されるケースが多いです。

つまり、歯磨きは「歯と歯の間」や「歯と歯茎の間」を磨くのが難しいため、歯磨きが下手だと毎日欠かさず歯磨きをしても虫歯や歯周病になることがあります。

歯磨きをする時、「歯と歯の間」や「歯と歯茎の間」を入念にブラッシングするように意識すると、歯の隅々まで綺麗にステインや歯垢を除去できるようになります。

それは結果として電動歯ブラシを使いこなすことに繋がりますね。

歯磨きは個々によって磨き方の癖がある

歯磨きは虫歯や歯周病を予防するために重要な役割があり、生活習慣として欠かさず実践していくことが大切です。

幼少期は学校でも歯磨きの仕方について学ぶ機会があるほど、歯磨きの仕方というのは重要でもあります。

一般的に多くの人は「感覚」で歯磨きをすると思いますが、それは独自の歯磨きの仕方を構成する要因となり、それがネガティブな内容ならステインや歯垢の磨き残しに繋がります。

例えば、1度の歯磨きにおいてブラッシングした回数が多い歯というのは人によって極端に違うと思います。大抵は奥歯が最もブラッシング回数が多く、前歯の裏面など磨きにくい箇所はブラッシング回数が少ないでしょう。

電動歯ブラシを購入するなら、それを機会にすべての歯に対して均等な時間配分を心掛け、さらに上記で説明したように「歯と歯の間」や「歯と歯茎の間」を入念に磨くことを意識すれば電動歯ブラシを購入した価値を見出せます。

電動歯ブラシを購入するだけでは効果はない

電動歯ブラシは「電動」なので、普通に手磨きするよりは効果が高そうですね。

しかし、理屈としては電動であろうが手動であろうが「全歯を隅々まで磨けているのか?」がポイントなので、電動歯ブラシを買って歯磨きをするだけで完璧にステインや歯垢を除去できるわけではありません。

手ブラシでも問題ない?

ステインや歯垢をしっかりと除去する理想の歯磨き生活に向けて、電動歯ブラシは必須アイテムではありません。

手ブラシでも十分にステインや歯垢を除去できるので、コストを抑えたい方や電動歯ブラシに磨きにくさを感じる方は手ブラシでOKです。

電動歯ブラシの効果はどこにあるの?

手ブラシでもステインや歯垢を除去できるなら、電動歯ブラシの存在意義に疑問を感じますね?

これはとても簡単な理屈であり、手ブラシでは「歯と歯の間」や「歯と歯茎の間」はブラッシングしずらいです。

ステインや歯垢は歯ブラシを縦や横に動かしながらゴシゴシすることで汚れが取れます。また、その回数が多いほど細部までブラシが行き届くので、除去率が高くなるわけです。

電動歯ブラシは細かい振動によってずっとブラッシングが自動的に続くアイテムなので、磨きにくい箇所でもブラシを当てるだけで楽々と磨けます。

そのクオリティは自分の歯磨きテクニックと電動歯ブラシのスペックによって変わりますが、理屈としては電動歯ブラシの振動によってブラッシング効率が高くなり、それによってステインや歯垢の除去率は高くなります。

電動歯ブラシの存在意義はその点にあります。

電動歯ブラシを購入するかどうか迷う・・・

電動歯ブラシを購入するかどうかで迷う場合、今の歯磨き生活に問題があるかどうかで決めましょう。

今の歯磨き生活に問題がある方は、きっと虫歯や歯周病になっていると思います。また、定期検診を受けているなら歯磨きの仕方について指摘されることもあるでしょう。

まず、最重要として改善したいのが「歯磨きをする」ことです。これは電動歯ブラシでも手ブラシでも何でも良いので、とにかく朝と夜の2回は必ず歯磨きをする習慣を身につけなければなりません。

その上で、自分の症状に適した歯磨き粉を買いましょう。知覚過敏や歯周病なら「シュミテクト」など効果が高いとされる製品が多数あります。

1日2回の歯磨き習慣を身に着けて歯磨き粉も調達したら、その時点で電動歯ブラシを検討すれば良いと思います。

逆に今の歯磨き生活で健康な歯を維持できているなら、別に電動歯ブラシは必要ありません。

電動歯ブラシの失敗しない選び方

電動歯ブラシの失敗は

  • スペックが悪かった
  • 磨きにくかった

の2つがあります。

スペックに関して絶対に失敗を避けたいなら最新モデルを買いましょう。また、電動歯ブラシの各製品をスペック比較してコスパの良い電動歯ブラシを探すのもありです。

2つ目の「磨きにくさ」に関しては、ある程度自分が電動歯ブラシに合わせる努力も必要です。これは手ブラシでもヘッドの形によって磨きにくい歯ブラシがありますね。

高額な価格の電動歯ブラシを購入して磨きにくかった場合、これは電動歯ブラシに慣れるしかありません。また、失敗を避けるために手ブラシのサイズから購入を検討しているヘッドのサイズを調べておくことくらいしか対策がありません。

電動歯ブラシのスペックは何を見れば良い?

電動歯ブラシのスペックは

  • モードの種類
  • ヘッドの種類

だけを見ておけば基本的に問題ありません。

商品によって「歯垢除去率が~」とか「ブラッシング効率が~」など様々なセールスポイントがありますが、実際に電動歯ブラシを使った場合は振動率やヘッドの相性以外に実感は湧かないと思います。

モードが多彩であるほどいろんな振動から歯磨きができますし、ヘッドの種類も同様です。

トップブランドの電動歯ブラシは、どの製品もステイン除去や歯垢除去に関して効果があることが述べられており、これはハイスペックでもロースペックでも同じです。

ハイスペックになるほどモードやヘッドの種類が豊富になるので、下手に低価格の電動歯ブラシを購入するなら思い切って最新モデルを購入する方が失敗する確率は極端に低くなります。

最新モデルを購入して失敗だったと感じる場合、自分に適切な振動やヘッドから電動歯ブラシを激選する必要があります。その時に1モードの1ヘッドでも良いので、とにかくリーズナブルな電動歯ブラシを見つけなければコスパが良いと感じないと思われます。

どのブランドも下位スペックの良いところをすべて集約したモデルが最新モデルなので、基本的に最新モデルがダメならそのブランドにおける下位互換もダメなケースが多いかもしれません。

おすすめ電動歯ブラシ5選

さて、スペックにおいて失敗しない電動歯ブラシとして、最新モデルを5つ紹介します。

ソニッケアー・「ダイヤモンドクリーンスマート」

ソニッケアーの最新モデルは「ダイヤモンドクリーンスマート」です。

  • 5つのモード
  • 4種のヘッド
  • スマホ連動あり

価格は約40,000円と高額ですが、ハイスペック中のハイスペックなので失敗することはないでしょう。

ドルツ・「EW-DP51」

ドルツの最新モデルは「EW-DP51」です。

  • 5つのモード
  • 6種のヘッド
  • スマホ連動なし

価格は約30,000円です。国内産の電動歯ブラシとしては最強のスペックです。

また、トップブランドの中では最も新しい電動歯ブラシであり、2017年9月にリリースされています。

ドルツ・「ポケットドルツ」

持ち運びが可能なコンパクトサイズの電動歯ブラシとして「ポケットドルツ」がオススメです。

価格は約2,000円ほどであり、現状はコンパクトサイズでハイスペックな製品はこれ一択です。

オムロン・「HT-B315」

オムロンの最新モデルは「HT-B315」です。

  • 3つのモード
  • 4種のヘッド
  • スマホ連動なし

価格は約10,000円とリーズナブルであり、この価格で上記スペックはコスパが良いです。

ブラウンオーラルb・「ジーニアス9000」

ブラウンオーラルbの最新モデルは「ジーニアス9000」です。

  • 6つのモード
  • 2種のヘッド
  • スマホ連動あり

価格は約20,000円で上記のスペックなので、トップブランドの中で最もコスパの良い電動歯ブラシです。

ちなみにスマホ連動型の電動歯ブラシで最も値段が安いのは「ジーニアス9000」です。

コスト的に失敗を避けるならどれ?

ポケットドルツを除いて4種の電動歯ブラシは、トップブランドの中でも最新モデルなのでスペックが優秀です。

各ブランドにおける下位互換は上記の電動歯ブラシよりもスペックが劣りますが、予算は安く抑えることができます。

上記4種の中でコスト的な失敗を避けたいという方は「ジーニアス9000」を買いましょう。

「ジーニアス9000」は約20,000円で購入することができ、しかもスマホ連動型なのである程度は満足感を得られます。しかもモードに関しても6種搭載であり、ネックとなるのはヘッドが2種しかないことくらいです。

ヘッド種がマッチすれば最強のコスパなので、迷った時は「ジーニアス9000」が選びやすいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする